乃木坂46生田絵梨花が「干物女」に!?
10thシングル『何度目の青空か?』カップリング曲、現役高校生メンバーによるユニット曲『私、起きる。』の予告編が公開された。 『私、起きる。』では、今作センターを務める生田絵梨花が、いわゆる「干物女」を演じた。生田絵梨花が務める主人公の女子高生は毎日をダラダラと過ごしていたが、ある日テレビでアイドル募集を見かけ応募すると、瞬く間にデビューが決まり憧れのステージに立っていく。 しかしそれは魔法の力によって自分が魅力的に見せられているだけだと気付き、自力で生きていくことを決意するという、‘努力’の大切さを知った若者の物語となっている。 生田絵梨花が「干物女」とアイドルという全く違う役柄に挑戦し、‘喜び’や‘不安’など、様々な感情をどう表現していくかを考え続けた、彼女の迫真の演技には注目だ。 【乃木坂46その他の写真記事はクリック】☆【乃木坂ファンクリック!】ここだけオリジナルボイス!楽曲も! 今回の撮影では、登場するメンバーが何組かのアイドルグループに分かれ、80年代アイドル風や原宿系アイドル風などそれぞれの衣装で登場したが、特に星野みなみと堀未央奈の2人のユニットが着用したゴスロリファッションがメンバー内では人気であった。 また、ウクレレが趣味な生田絵梨花は撮影現場に偶然あったウクレレを撮影の合間に弾こうと試みたが、久々だったのかうまく弾くことができず残念そうであった。