レディー・ガガ、トニー・ベネットとのコラボアルバム全米1位
トニー・ベネット&レディー・ガガのニュー・アルバム『チーク・トゥ・チーク』がビルボード200、ジャズ・アルバム、トラディショナル・ジャズ・アルバムにて1位を獲得した。尚、ベネットは全米の史上最年長首位記録を樹立しガガは3作品連続1位を獲得した。 ベネットは2011年、85歳にして『デュエッツII』のアルバムでBillboard200(全米アルバム・チャート)1位を獲得し、全米1位を獲得したアーティストとして当時の最年長記録保持者となった。そんなベネットは今作『チーク・トゥ・チーク』で再び1位を獲得し、88歳にして自身の記録を塗り替えた。また、コラボレーション相手であるレディー・ガガは今作が自身3作品連続の全米1位作品となる。 ガガはツイッターで「全米1位を最高の人と獲得できることはとても誇らしい事だと思うわ」とベネットに対しコメントを送っており、ベネットも「ガガと私で『チーク・トゥ・チーク』が1位を獲る事ができてとても嬉しいです。レディー、あなたは素晴らしいアーティストです。」と相思相愛のようである。 ガガの親友であり、有名ファッション・デザイナーのドナテッラ・ヴェルサーチも「オーマイゴッド!夢みたいな作品ね、ずっと聴いていられるわ、ブラヴァ!」と大絶賛している。 レディー・ガガ過去曲、リミックス曲まで買えるドワンゴ