X JAPAN、4年ぶりの日本公演 YOSHIKI感涙
1989年のメジャーデビューから25周年というメモリアルイヤーを迎えたX JAPAN 。 2014年9月30日(火)、10月1日の2日間、2010年日産スタジアム公演以来4年ぶりとなる 日本でのワンマンライブを横浜アリーナでおこなった。 2日間で2万2千枚用意されたプラチナ・チケットは1秒でソールドアウト。X JAPANにとって横浜アリーナ公演は、1991年に実施された「Violence In Jealousy Tour」ツアー以来23年振りということでも話題となった。 今夏、初の全世界ベスト『THE WORLD~X JAPAN 初の全世界ベスト~』をリリースしたX JAPAN。注目は10月11日(土)に、アメリカ・ニューヨークにあるマディソン・スクエア・ガーデン(MSG)公演を控えていることだ。横浜アリーナ2DAYS公演は、“前哨戦”として位置付けられているのが興味深い。 19時15分。場内が暗転し、オープニングSEで「Miracle」が鳴り響き、会場のざわめきがピークとなった瞬間、YOSHIKIが神々しく淡い光とともにステージにあらわれた。ドラムのイントロが印象的な『JADE』が奏でられ、フロントにメンバーが登場しオーディエンス大興奮。演奏の決め所で、炎があがるアグレッシヴな演出など、スタートからクライマックスを迎える異様な熱気に会場は包まれた。 ヴォーカルToshiによる第一声は「ついにX JAPANが帰ってきたぜ〜!」。このMCは、23年前のツアーと同一のものだった(※当時は“JAPAN”は付かなかった)。 YOSHIKIによるMCとともに紹介された、ギタリストSUGIZOによる新曲『Beneath the Skin』は、ヘヴィロックなリフが力強い海外志向なナンバー。YOSHIKI作詞という、かつてない組み合わせによる新曲だ。 さらに、8月に新宿アルタ前でゲリラ・ライブをおこなった際にX JAPANとして披露した、映画「聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY」の主題歌としてYOSHIKIソロ楽曲として発表されたナンバー『HERO』を、X JAPANヴァージョンとしてプレイ。未だ発表されない、新作アルバムへの期待が高まるばかりだ。 『Forever Love』では、X時代の写真やHIDE、TAIJIの映像をスクリーンに映し出していた。メンバーの死を抱えながらも、5人の現メンバーと亡くなられた2人のメンバー、7人あわせて夢の実現に向かって突き進むという熱い気持ち、信念を感じられた。YOSHIKIによる「HIDEとTAIJIにも聞かせてやれ〜!」の叫びが、すべてを物語っていたと思う。 『Rusty Nail』、『Silent Jealousy』、『紅』、『X』など、代表曲が惜しげもなく繰り広げられ、ラスト『ENDLESS RAIN』ではオーディエンスを巻き込んだ大合唱、そしてX JAPANでしか生み出せないナンバーであり発売当時30分の超大作として話題となった『ART OF LIFE』をダブルアンコールで披露し大団円を迎えた。 横浜アリーナ公演に続いて実施される、X JAPAN伝説のライブになるであろうアメリカ・ニューヨークの名門ベニューであるマディソン・スクエア・ガーデン(MSG)公演。本公演の模様は、ファンの熱い要望に応え、急遽生中継が決定している。日本時間10月12日(日)午前9時より、ライブビューイングとして全国の映画館での公開はもちろん、台湾、香港、メキシコなど世界各地でも公開される。圧倒されるオリジナルな世界観と、劇的なパフォーマンスに注目だ。新たな伝説を刻む、X JAPAN奇跡の瞬間を見逃すな。 X JAPANその他のニュースは【クリック】☆世界標準YOSHIKIの楽曲はクリック!