華原朋美、一組だけのプレミアムライブにファン歓喜の涙
1日にカバーアルバム『MEMORIES 2 -Kahara All Time Covers-』をリリースした華原朋美。 発売日当日に、発売記念スペシャルキャンペーンとして実施されたカバーアルバムの収録曲から好きな曲名を投票する企画に参加したファンの中から一組を招待するプレミアム・ライブを東京・神楽坂 The gleeで開催した。 この幸運な一組みに見事選ばれたのは、プレミアム・ライブが開かれた10月1日が華原と同い年となる40歳の誕生日だという愛知在住の美紀さんとお母様の裕子さんの二人。 「一生の記念になりました」と語る二人は、選ばれたことに驚きの表情ながらも、その特別な贈り物に満面の笑みをみせた。 この日は、『MEMORIES 2 -Kahara All Time Covers-』の収録曲の中からファン1万人の投票で人気の高かった『HOWEVER』『難破船』と、美紀さんが投票した『雪の華』の3曲を披露。 さらに、この日誕生日を迎えた美紀さんのために、バースデーソングの生歌をサプライズで歌唱。突然のサプライズ企画に二人は歓喜の涙を流した。 初めて一組限定ライブを行った華原は、「このようなライブは初めてだったので、昨日の夜から愛犬2匹を前に練習をするくらい楽しみにしていたので、お会いできて嬉しかったです。たくさんご応募頂いた中からお二人に出会えた事は運命だったんじゃないかと思います。」とコメント。 この日の為に準備されたアコースティック編成でのステージでは、いつもとは違った雰囲気の中、見事なパフォーマンスを披露した。 「今まで以上に自信を持ってお届けできるアルバムになりました。このアルバムを聴いて皆さんそれぞれの中にある思い出を振り返って笑顔になってほしいです」と語った。 今回のカバーアルバムでは、1960年代から2010年代まで約半世紀に渡る全ての年代の代表曲を網羅し、今年デビュー20周年を迎えるGLAYの大ヒット曲『HOWEVER』をはじめ、映画「喰女-クイメ-」のイメージソングとなった中森明菜『難破船』やLUNA SEA『ROSIER』、シェネルの『ビリーヴ』、不朽の名曲『見上げてごらん夜の星を』などをカバーしている。 華原朋美楽曲はこちらから!