世界一稼いだDJ=カルヴィン・ハリス、ニューAL国内盤発表
収益は約68億円($66 million)に上りTOP10のDJの中で圧倒的人気と集客力を見せつけ、名実ともに全世界N0.1DJであることを証明した彼が、いよいよ待望の4作目となるニュー・アルバム『モーション』(MOTION)を国内盤11/5(UK輸入盤11/4)に発売する。 前作のアルバム『エイティーン・マンス』では大ヒット・シングル『スウィート・ナッシング feat. フローレンス・ウェルチ』ほかシングル8曲が全英チャートTOP10入りを果たすなどすべてのシングルが全世界で大ヒット。先週末初の日本上陸で大きな話題を呼んだ世界最大級の音楽フェスティバル“ULTRA JAPAN”でも世界のトップDJのハードウェル、カスケード、アレッソ等がカルヴィンの楽曲をプレイするなど、他のDJ達からもリスペクトを受けている。 最新アルバムに収録されるシングル『ブレイム feat. ジョン・ニューマン』は36カ国でiTunesシングル・チャート1位を獲得、71カ国でTOP5入りを記録、また今夏のアンセム『サマー』は91カ国でiTunesシングル・チャートTOP5入りを果たしている。また“ULTRA JAPAN”にも登場しソールドアウトとなった満員の会場で大合唱となったアレッソとの共演シングル『アンダー・コントロール feat.ハーツ』も収録予定。 アルバムの情報解禁とあわせてスタートしたiTunesプリオーダーではこれらのヒット・シングル3曲がIGトラックとして付いてくる。EDMシーンが本ブームとなっている真っただ中で、全世界N0.1DJのカルヴィンによる今作『モーション』から何曲のヒット・シングルが世に放たれるのか、今から期待が集まっている。