ソロ25周年、布袋寅泰完全コンプリート本がリリース
BOOWYを解散後、“GUITARHYTHM”なるテーマを掲げ、孤高のギタリストとして、 1988 年ソロデビュー。いまや世界が認める存在となった、布袋寅泰。 四半世紀に及ぶ彼の活動を祝し、『布袋寅泰ぴあ』が9月30日(水)発売致される。 ギタリスト・ソングライター・プロデューサーとして、今なお進化を遂げるHOTEIのキャリアを 振り返りつつ、前作からおよそ1年半ぶりとなる、10月1日(水)リリース、待望のNEWアルバム。 10月17日(土)から始まるジャパンツアーに対する思いなど、現在進行形の魅力を、 余すところなく伝える、必携の一冊となる。 (C)ぴあ/皆川 聡 【巻頭グラビア&ロングインタビュー】 世界の音楽マーケットでのリリースを目指す、第一弾アルバム『New Beginnings』とは、どのような内容なのか。 ロンドン・ニューヨーク・モントルーと、海外でのライブキャリアを積み重ねてきた布袋が、10月17日(土)より開催予定の、 “TOMOYASU HOTEI JAPAN TOUR 2014 .Into the Light-”で、日本凱旋を果たす想いとは。 今年3月、ザ・ローリング・ストーンズ東京ドーム公演ゲストとしてステージに立つなど、日本音楽シーンを代表する スーパースターならではの活動を続ける一方で、“ゼロからのスタート”として海外での音楽活動へ本格的にチャレンジする 刺激に満ちた生活、それがゆえの苦悩、海外マーケットを視野に入れた最新アルバムについて、リアルに語り尽くす。 【海外での活動タペストリー】 本格的な海外ライブ(ロンドン、ニューヨーク他)、今夏のフェス出演(イギリス、スイス)等、布袋の魅力を最も際立たせるステージを 中心に、ロンドン移住後の海外活動・奮闘ぶりを、豊富な写真と彼を支えるクリエイティブSAMURAI達の証言をもとに、徹底レポート。 音楽・ビジュアルと極めてスタイリッシュな表現にこだわり、ロンドンで得た新たなチームと創り上げたクリエイティブ・バトルを追い、 アーティスト・布袋寅泰の独自性を浮き彫りにする。 【布袋寅泰×亀田誠治 スペシャル対談】 80年代のBOOWY、90年代のソロ活動+プロデュースワーク…と現在に至るまで、日本音楽シーンに様々な金字塔を打ち立ててきた 布袋寅泰が、盟友の音楽プロデューサー・亀田誠治氏をゲストに迎え、ホンネで語り合う、スペシャルトークセッション。 【ソロ25周年、布袋寅泰の軌跡】 現在に繋がる、これまでの功績&伝説を振り返りつつ、ソロ活動スタート時に語っていた海外進出への動機など、 現在の海外活動が必然だったことが、改めて浮き彫りになる。 【WE LOVE HOTEI】 今井 寿(BUCK-TICK)・綾小路 翔(氣志團)をはじめ、ゆかりのあるあの人この人、 著名人・関係者・ファンからのお祝いコメントを、一挙ご紹介! HOTEI名曲高音質!ドワンゴジェイピー