AC/DCの6年振りの新作、日本でも発売
全世界で2億枚という途方もないアルバム・セールス数を誇る世界最強のロックンロール・バンドAC/DC。 彼らの実に6年振りのアルバム『ロック・オア・バスト』(”Rock or Bust”)が日本では12月3日にソニー・ミュージックジャパンインターナショナルより発売されることが決定した。 2008年の前作『悪魔の氷/ブラック・アイス』は全世界で800万枚を売り上げ、世界31カ国で1位、そして同年の年間アルバム・セールスで第2位を獲得、さらにはグラミー賞「ベスト・ハード・ロック・パフォーマンス賞」に輝くなど、この地球上で最も熱狂的に支持されているロック・バンドであることを改めて証明したAC/DC。待望の16作目(メジャー盤としては15作目)のオリジナル・アルバム『ロック・オア・バスト』(Rock or Bust)が12月3日にソニー・ミュージックジャパンインターナショナルより発売されることが決定した。 前作同様、プロデューサーはブレンダン・オブライエン(レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン、パール・ジャム、ブルース・スプリングスティーンなど)、ミックス・エンジニアはマイク・フレイザー(メタリカ、エアロスミス、ヴァン・ヘイレンなど)と鉄壁の制作陣で固めており、アルバムは全11曲収録、徹頭徹尾重戦車のごとき剛健なロックンロールで押しまくってるとのことだ。 なお健康状態が懸念され全世界のAC/DCファンがその動向を見守ってきたヤング兄弟の兄、マルコム・ヤング(リズム・ギター)は、残念ながら本アルバムのレコーディングには参加できなかったことも発表された。そのピンチヒッターを任されたのは、88年のツアーでもマルコムの代役を務めたこともあるヤング兄弟の甥、スティーヴィー・ヤングとのことで、このアルバムを引っさげてのワールド・ツアーもスティーヴィーがリズム・ギターを担当することに決定した。 また、本作『ロック・オア・バスト』からの待望の新曲『プレイ・ボール』がMLB(メジャー・リーグ・ベースボール)のポストシーズン・キャンペーン・ソングに決定、全米時間9月27日より米スポーツ・チャンネル「ターナー・スポーツ」で放送される。