プリキュアでお馴染み池田彩がJAM Projectきただにひろしとコラボ
『Alright! ハートキャッチプリキュア!』や『Let’s go! スマイルプリキュア!』など、プリキュア・ナンバーを歌うシンガーとしても馴染み深い池田彩。 彼女が「2作連続でコラボレーション・シングルを発売」することが決定した。 12月5日(金)にリリースとなる第一弾では、フィーチャリング・ヴォーカリストとして、JAM Projectのメンバーとしても活動中、「ワンピース」の主題歌『ウィーアー!』でお馴染みのきただにひろし。『この空の向こう』や『プリキュア・メモリ』など、プリキュア・ナンバーを唄ってきた吉田仁美が参加。作曲面でも、「ハリケンジャー参上!」の歌い手として有名な高取ヒデアキが協力。 今回のコラボレーション・シングルを制作するにあたり、池田 彩はこんな言葉を寄せてくれた。 「これまでにも私は、数多くのアニソン楽曲を含むシングルや、2枚のオリジナル・アルバムを出しながら、タイアップ曲/オリジナル曲と2つの表情を持って楽曲を歌い続けてきました。とくにアニソン・ナンバーを歌うことで、私はいろんな方々とも出会うことが出来ました。その出会いを重ねていく中、「いろんなアニソン・シンガーの方とコラボレートしたい」想いが生まれたことから、今回の「いろんなアニソン/特撮ソングを歌い手がけている方々とのコラボレーション・シングルを作ろう」という企画が誕生。最初に思ったのが、「男性アーティストの方とコラボレートしたい」ということでした。 わたし、『ウィーアー!』を通してきただにさんの歌声を聞いたときから、”そのパワフルで存在感にあふれた格好いい歌声”が大のお気に入り。一番最初に、「一緒に歌いたい」と思ったのがきただにさんだったことから、迷わず声をかけました」(池田 彩) 表題歌となった『TO JOIN FORCES』は、作詞:池田 彩/作曲:きただにひろしによる、2人の熱くスリリングな歌の掛け合いを魅力にした躍動ナンバー。障害のある愛を乗り越えてゆく情熱的な歌詞にも、注目だ。 「『TO JOIN FORCES』はまさに、2人の歌声がぶつかりあいながら幕を開け、互いに歌を掛け合えば、ハモッたり、すぐに歌が交錯しあい、またハモッたりと、駆け抜けてく演奏の上で次々と歌がバトルしてゆく形になっているからね。しかも、彩ちゃんの書いた歌詞が、すごくいいんですよ。『TO JOIN FORCES』は、サビ歌始まりの楽曲なんですけど。いきなり♪吹雪さえ味方に変えて突き進んでいく♪という熱い言葉が飛び出しますからね。歌詞に据えたのが、「逆境さえ力に変え、立ち向かってゆこうとするポジティブな気持ち」。それってまさに、アニソンの持つスピリットそのものじゃないですか。その魂を持った言葉がね、『TO JOIN FORCES』の要所要所に記されているんです」(きただにひろし) 「『TO JOIN FORCES』は”男女がコラボレートして歌う”こともあって、まるで「ロミオとジュリエット」のような、「障害があるからこそ、逆に燃えてゆくような強い恋愛」の歌にしたかったんです。「あなたがいたら吹雪の中でも大丈夫、他には何もいらない」と思えてしまうくらい、二人の恋の炎は燃えているんですよ。実際、愛というのは、障害があればあるほど燃えるものですからね(笑)」(池田 彩) C/Wには、シンガーとしても活動中。プライベートでも大の仲良しであり、「プリキュア・シリーズ」仲間の吉田仁美がコラボレート相手として参加。作曲を、戦隊シリーズなどでお馴染みの高取ヒデアキが担当。作詞:池田 彩/作曲:高取ヒデアキによる、こちらも情熱的なロック・ナンバーに仕上がっている。 「仁美ちゃんは、プライベートでも仲良くしている人。以前から「一緒に歌いたいな」と思っていたことから声をかけたら、仁美ちゃんからも快くOKの返事をいただけました。彼女とは、「女の友情」をテーマにした楽曲を一緒に歌っています。作曲も、私の師匠とも言うべき高取ヒデアキさんが担当。こちらでも、熱く感情高ぶるロックな楽曲をいただけました」(池田 彩) 1月には第2弾作品も登場予定。こちらも収録曲すべてコラボレート曲。どんな相手と、刺激的なコラボレートを行うのか、その発表も心待ちにしていただきたい。(TEXT/長澤智典) 池田彩楽曲はクリック!公式Twitter出来ました!アニメ・声優情報はフォロー→@dwangojpnewsFollow @dwangojpnews!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src="//platform.twitter.com/widgets.js";fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,"script","twitter-wjs");