NIKEが開催「RUNGAL」、美女が原宿・青山を「夜ラン」
9月19日(金)、東京・原宿の東急プラザ表参道原宿にある「The SHEL’TTER TOKYO」がリニューアルオープン。 これを記念して、The SHEL’TTER TOKYOをベースステーションとしたランパーティー「RUNGAL THE TOKYO PLAY!powered by NIKE+ RUN CLUB」が開催され、総勢95人の女性ランナーが、週末夜の原宿、渋谷、青山を回る約5kmのコースを楽しみながら走りきった。翌20日には、DAY PARTYも実施されたこのイベント、19日の”夜ラン”の部をリポート。 「RUNGAL(ランガル)」とは、NIKE+ RUN CLUBが開催している20代女子限定のランニングプログラム。眠らない街「トウキョウ」を舞台に「ラン+ファッション+ミュージック」がコラボレーションしたイベントだ。 基地となる今回リニューアルオープンした「The SHEL’TTER TOKYO」は、2階にオトナ向けコンテンポラリークローズを集めた新ブランド「FRAME BY SHEL’TTER」が。また、1階は白を基調としたフロアデザインに、新たにイベントステージを設けて情報発信するスペース「TOKYO PLAY!」を新設。さらにB1階は、バロックジャパンリミテッドグループのリアルクローズブランドを取り揃えている。 夜8時に始まったイベント第1弾「RUNGAL THE TOKYO PLAY!powered by NIKE+ RUNCLUB」のMCはモデル・武智ミドリ、DJ RINA、ゲストにナイキマスタートレーナー・TOMOさん。「RUNGAL」Tシャツをオシャレにコーディネートして集まった女性たちは、ナイキランニングアドバイザー・MIDORIさんのもとウォーミングアップ。テープカットセレモニーのあと4グループに分かれて”夜ラン”に出発、約1時間30分ほどかけて週末トウキョウの街を走る。 途中、渋谷VISIONでは、TOMOさんによるナイキトレーニングクラブをおこない、LIL’RIRE CAFE(リルリールカフェ)を給水ポイントとして利用した。1人で参加したという女性は「最初はうまくなじめるか心配だったけど、同じ目的で集まる同世代はすぐに仲良くなれるので良かった」。また、仲間3人で参加した女性は「オトナになって始めたオシャレな部活(!?)感覚で楽しめました。距離(5km)も長いかな?と思ったけど、走ってみるとあっという間。途中の休憩タイムのカフェも満足」とランニングを満喫したようだ。 そして、楽しみながら無事ゴール。ナイキランニングアドバイザー・森さんのクールダウン後は、お楽しみのアフターパーティー。ガールズファッショニスタのファッションショー&トークセッションでは、女子力アップの秘訣を。もちろん「走る」ことは当然だが、それ以外にも、このイベントでしか聞けないガールズトークで盛り上がった。 「RUNGAL THE TOKYO PLAY!powered by NIKE+ RUN CLUB」イベントは、これからも続々と決まっていく予定。今回、参加できなかった女性も、まだまだエントリーするチャンスがいっぱいだ。