きゃりー「ポップでカラフルな雲の上」ツアー完走
きゃりーぱみゅぱみゅが本日9月22日(月)に 愛媛・ひめぎんホールにて3000人を集客するワンマンライブを実施。 7月から15都市17公演をまわり約3万5千人を動員したピカピカふぁんたじんツアー「きゃりーぱみゅぱみゅの雲の上のHEAVEN’S DOOR」の最終公演が行なわれた。 今公演は「ポジティブな死後の世界」をコンセプトにきゃりーらしいカラフルでポップな世界観で表現されたステージ。 きゃりーは、「今回は、天国をテーマにライブを考えました。これまで、遊園地やサーカス、お城など色々テーマを考えて来て、天国は誰も言ったことがない所で誰も知らないから、私なりの天国を考えてみました!」と説明した。 ステージは、弓矢でハートを射抜かれてしまったきゃりーが天に召されていくというアニメーションからスタート。ステージ上の大きな扉がゆっくり開くと、そこから真っ白な天使のような衣装を着用したきゃりーが登場。悲鳴のような歓声があがると同時に「雲の上のHEAVEN’S DOORにようこそ!!ツアーファイナル楽しんでねー!」と元気いっぱいに挨拶した。天使姿のキッズダンサー8名を引き連れ先日発売された『ピカピカふぁんたじん』のアルバムから『きらきらキラー』『ファミリーパーティー』『トーキョーハイウェイ』など人気楽曲を一気に披露。 また毎度注目度の高い衣装は、今公演ではアンコールまで5種類を着用、登場の天使風の真っ白なAラインのワンピースから通常ワンピースが多いきゃりーにしては珍しい黒をベースに蛍光の柄が付いた短いベストとパンツというスポーティーな衣装や、ショッキングピンク、紫、黄色や緑で装飾されたとてもきゃりーらしいカラフルでポップなお姫様風のワンピース、いつもより少し大人っぽく、髪の毛から衣装まで全身ラベンダー色で装飾されたテールスカートのワンピースなどどれも本人が企画段階からこだわった渾身の衣装を披露、ファンタジーな照明と美術セットをさらに盛り立て3000人を魅了した。 途中、地獄の道案内人のドクターホーや天国の案内人役ミスポニーとの早着替えや、オープンカーに乗って歌唱、マジシャンによるショーの時間など大人から子供までが驚く演出が凝縮された21曲90分のステージとなった。 アンコールでは、これから開催するアリーナツアーに関して「デビューして3年経ち本当にいろんなことをしてきたいので、もう一度原点回帰をしたいと思ってこのタイトルにしました。分かりやすくいうと『PONPONPON』のようなカラフルでクレイジーな世界を表現したいと思ってます。さらに!私は初めてイリュージョンに挑戦したいと思ってます!ライブ以上に楽しさや驚きをみなさんのお届けしたいと思っていて、とにかく凄いことが起きるのでよかったらライブに遊びにきてください!」とアリーナツアーへの熱い想いを語った。 初のアリーナツアーのタイトルは「きゃりーぱみゅぱみゅのからふるぱにっくTOY BOX」に決定、「きゃりーぱみゅぱみゅの原点回帰」をテーマに、初めてイリュージョンに挑戦するなど余す事なくカラフルでクレイジー世界へ案内予定となる。チケットはただいま絶賛発売中、ぜひこの機会にさらに進化したきゃりーぱみゅぱみゅのアリーナツアーを体感して欲しい。PHOTO:Tsukasa Miyoshi 【きゃりー関連ニュースはクリック】※きゃりーぱみゅぱみゅアルバム曲も一買える!