平原綾香ニューアルバムは「冬の名盤」
平原綾香のニューアルバム『Winter Songbook』が11月12日にリリースされることが決定した。 このアルバムは、「冬にぴったりなHAPPYでHOLYなHOLIDAYアルバム」というコンセプトのもと、有名洋楽ヒット曲から誰もが知っているスタンダードナンバーに、平原綾香によって新たな命が吹き込まれた、まさに“冬の名盤”だ。収録された楽曲もとてもバラエティーにとんでいる。 もともとスコットランド民謡として歌われ、日本では卒業シーズン等でおなじみの『蛍の光』を、原曲の英語と日本語の『蛍の光』を融合させた『Auld Lang Syne~蛍の光』。ジョン・レノン&オノ・ヨーコの世界的ピースソング『Happy Xmas (War Is Over)』は、“War Is Over! If You Wanted”という言葉を、「今の時代にこそあらためて伝えたい」という平原綾香の想いから、日本語訳に挑戦し収録が実現した1曲。そして、『My first love』は、イギリスの代表的なクリスマス・キャロル(民謡)『The First Noel』に、平原自身が新たな日本語詞を書き下ろし、ラブゾングとして生まれ変わった1曲。そして、2002年にダニエル・キイスの名作が日本でドラマ化された際にエンディングテーマとして流れた原曲『Song of Bernadette』を、自ら日本語訳した『アルジャーノンに花束を~Song of Bernadette』。 また、YouTubeに世界中で動画がアップされ話題となった『Happy』は原曲の英語でレコーディングされた曲など、多くの人たちになじみのある楽曲たちが収録され、サウンド面でもビッグバンドから癒し溢れるしっとりとしたピアノとストリングスでの演奏、またR&B等、ジャンルやスタイルにとらわれず、平原綾香の楽曲へ対する深い尊敬と愛が感じられる全10曲がおさめられている。 9月21日に行われたBunkamuraオーチャードホールでのコンサート中のMCでも、この『Winter Songbook』のリリースについて語られるシーンでは、お客さんからは盛大な拍手が送られた。 今年6月からスタートした全国ツアー「平原綾香 CONCERT TOUR 2014「What I am -未来の私へ-」」も終盤を迎え、9月20日(土)、21(日)のBunkamuraオーチャードホール2daysも大盛況のうちに終了。明日9月23日(火)に仙台サンプラザホールでツアーファイナルを迎え、9月27日に“プレミアム アンコール公演”が開催される東京のBunkamuraオーチャードホール公演を残すのみとなった。