ベイビーレイズ1万人署名達成、解散回避で悲願の武道館へ
神出鬼没の乗り込み!乗っ取り!!アイドル「ベイビーレイズ」が、 9月20日(土)に東京キネマ倶楽部にて全国ツアー最終公演となるデビュー2周年記念ライブを開催。 「デビューから2年で武道館公演を行わなければ解散」 という公約のもと結成されたベイビーレイズの命運が決着するステージに、東京公演2日間でプレミアムチケットを手にしたファン1200名が詰めかけた。 7月に日比谷野音にて開催されたワンマンライブ「ベイビーレイズ伝説の雷舞!-頑虎一徹-」が、満員御礼の2200名動員となり大成功を収め ていたベイビーレイズ。新たな課題として、この夏の全国ツアー最終日まに1万人の署名を集めることが出来た暁には、今年12月18日の日本 武道館公演開催が約束されていた。夏フェスやCD発売イベント、そして全国10会場で開催されたツアー「虎ベリング-THE TRIAL TO BUDOKAN-」でも必死に武道館公演に向けた署名活動を行った彼女たちに、この最終公演で審判が下った。 オープニングから圧倒的な歌唱力と、闘争本能全開のパフォーマンスを連続で繰り出すベイビーレイズ。会場の空気は瞬く間に燃え上がり、観客と ステージの一体感は時間の経過を忘れさせるほど魅力的で、決着の時はすぐにやってきた。 ライブ中盤で発表された署名合計数は目標を上回る 「13872人」。涙を堪えながらリーダーの傳谷英里香(18)は「目標達成は皆さんのおかげです!支えられて、励まし合って頑張れまし た。ここからは生バンドの演奏!もっともっと楽しんでいきましょう!」と感謝を語りさらにライブを盛り上げる。 ロックサウンドがさらに加速す るバンド演奏をバックに、ベイビーレイズのステージングはさらに神懸り的な飛躍をみせる。会場の熱気は凄まじいにもかかわらず、鳥肌が立つような鬼気迫る歌唱の連続で、ダブルアンコールを経て計19曲を披露し2周年記念ライブは幕を閉じた。日本武道館公演開催が決まり、ニューシングルの年内発売も予告したベイビーレイズ。新たな門出を迎えた彼女たちからこれからも目が離せそうにない。 ☆ベイビーレイズ楽曲はドワンゴジェイピー☆