Kが俳優に初挑戦、新曲が「ネスレ日本」ショートフィルム主題歌に
現在ツアー中のKの新曲『Brand New Day』がネスレ日本「キットカット オトナの甘さ」ショートフィルムの主題歌に起用されることがわかった。 このショートフィルムはネスレ日本株式会社が“コンセプトシネマ”プロジェクトとして展開、著名な映画監督がネスレ製品ブランドをテーマに制作し、無料公開するもの。 『Brand New Day』はそのコンセプトシネマの第1弾となる月川翔監督によるショートフィルム「ビタースウィート~オトナの交差点~」の主題歌としてKが書き下ろし、大人だからこそ気付く相手に対する思いやり、心の成長を描いたミディアムバラードの“大人の失恋ラブソング”に仕上がっている。 また、4つの物語からなるショートフィルムの「秋子篇」ではメインキャストとして初の演技にも挑戦しているのでファンは必見だ。 「ビタースウィート~オトナの交差点~」「春子篇」「夏子篇」は9月30日(火)よりエンタテイメントサイト「ネスレアミューズ」内に開設しているWEB上の無料映画館「ネスレシアター on YouTube」にて公開され、Kの出演する「秋子篇」、「冬子篇」は「キットカットのオトナの日」として記念日制定された10月7日(火)より公開される。 本仮屋ユイカ、佐藤めぐみ、遠藤久美子、小林涼子、ミッキー・カーチス等豪華俳優陣出演の作品とKの新曲のコラボレーションは話題になること必至。6月に2年半ぶりのアルバム「On My Journey」をリリース後、多数のイベント出演、全国ツアーと勢力的にライブ活動を行い、演技にも初挑戦したKの幅広い活動に期待しよう。 ★Kコメント★「台本が完成する前に監督との打ち合わせのイメージでメロディーを一部作りましたが、台本が出来上がっていくと同時に更にイメージがふくらみ、歌詞やメロディーを大胆に変えながら曲を仕上げていきました。 自分も初めて俳優として作品に関わることが出来たので、より深く気持ちをこめることが出来ました。 撮影現場では、監督や共演者、スタッフのみなさんに助けていただきながら、初めての映画を楽しく撮影出来ました!」