今韓国で一番熱いガールズグループApink、日本デビュー
韓国で今人気絶頂の6人組ガールズグループApinkがいよいよ10月22日、シングル『NoNoNo』で日本デビューを果たす。 今年春には韓国5大音楽番組で1位を総なめにし「グランドスラム」と呼ばれる偉業を達成した彼女たち。第2世代と呼ばれる新人たちが台頭し、今また新たな盛り上がりを見せるK-POPシーンだが、ガールズK-POPセカンドウェーブを牽引するApinkの日本上陸に各方面から大きな注目が集まっている。 8月4日に開催された初の日本でのショーケースには2000枚のチケットに対し53000通の応募が殺到。また同日行われた記者会見には500人以上のマスコミ関係者が来場し話題を呼んだ。 日本デビューシングルとなるのは、韓国で昨年夏に発売しApinkの人気を不動のものとしたヒット曲『NoNoNo』の日本語版。今までのK-POPサウンドに多かったセクシー&ダンスミュージック路線とは違い、女の子の気持ちをストレートに歌った歌詞と中毒性あるメロディが特徴的な、聴きやすく歌いやすい楽曲だ。 この度、日本デビューシングル『NoNoNo』のジャケット写真がオフィシャルサイトで公開された。Apinkの、妖精のようなピュアな魅力が溢れるビジュアルになっている。シングル『NoNoNo』は、DVDとスペシャルグッズが付く初回盤A、MVとメイキングを収めたDVD付きの初回盤B、メンバー別ピクチャーレーベル仕様の初回限定仕様盤、CDのみの通常盤と複数の仕様が用意され、ジャケットはリリース形態別に全4種類。 なお、初回盤Aに付くスペシャルグッズは「Apink SPECIAL ミラー」に決定。他では手に入らない激レアグッズのため、初回オーダー数量しか店頭に出荷されない完全限定商品。完売確実な「初回盤A」仕様は、早めに予約してゲットしよう。 【クリックでApink楽曲へ!】