30周年SHOW-YA、男性ロックバンド名曲をカヴァー
1985年に東芝EMIからデビュー、女性ロックバンドの草分けとして時代を築いてきたSHOW-YAが、来年のデビュー30周年に向けてプロジェクトを始動した。 第1弾として、彼女たちが走ってきた時代にシンクロするように日本のロックシーンに影響を与えてきた、多くのレジェンダリーな「男性」ロックバンドのヒット曲カヴァー・アルバム『Glamorous Show~Japanese Legendary Rock Covers』を10月22日に発売する。先駆けて、本日9月17日よりアルバムの1曲目に収録されるX JAPAN『紅』カヴァーヴァージョンを先行配信。また同じく『紅』のPV映像をYouTubeで公開となった。新作に向けてX JAPANのYOSHIKI氏ほか、アルバムに収録されるカヴァー楽曲のオリジナルアーティストからリスペクト溢れるコメントも多数到着し、ユニバーサル ミュージック SHOW-YAサイトにて公開されている。 日本の女性ロックシーンを牽引してきた実力派バンドの演奏による“名カヴァー”を堪能してみてはいかがだろうか。 ■オリジナル・アーティストからのコメント■SHOW-YAさんの音楽は、デビュー前から聞かせて頂いております。今回は「紅」をカバーして頂き、ありがとうございます。そして、30周年おめでとうございます。―――― YOSHIKI(X JAPAN) Rockの前に男か女かは関係ない。そんな音を感じた。Keep On Rockin’!!Viva SHOW-YA!!―――― 森山達也 (THE MODS) 素晴らしくガッツのあるSHOW-YAさんにカバーしていただき光栄の一言!サビの熱さに盛り上がる自分に興奮!四半世紀前の楽曲にエネルギー注入ありがとうございます。マジで日本一有名なロックナンバーになれるか!?――――サンプラザ中野くん(爆風スランプ)