T.M.R.西川貴教主催イナズマロック フェス、10万人が大熱狂
T.M.Revolution 西川貴教が地元である滋賀県の草津市・烏丸半島芝生広場で9月13日、14日の2日間、大型野外フェス「イナズマロック フェス 2014」を開催。2日間で10万人(13日5万人、14日5万人)を動員した。 西川は2008年10月、「滋賀ふるさと観光大使」に就任。「イナズマロック フェス」は、西川が「音楽で地元に恩返しを」「地元のみなさんと滋賀県をアピールしたい」という思いで滋賀県の行政と共に2009年にスタートさせたもので、今年で6回目となる。 当初より「琵琶湖の水を守ろう」をテーマとしてきたが、回数を重ねるうちに琵琶湖の環境保全だけでなく「これからの未来を担う子供達のために、滋賀県民の心である美しい琵琶湖のために、そして日本中が笑顔と元気に包まれるために」と、その信念も大きくなった。 「イナズマロック フェス」は、ジャンルを問わず多彩なアーティストが名を連ねるほか、ステージの転換時間には人気芸人などのパフォーマーが出演することでも知られている。アーティスト、お笑い芸人、ご当地キャラなどを含めて、二日間の出演者は総勢70組を超える規模に。 「雷神」と名付けられた有料ライブエリアのほかに、ライブチケットなしで楽しめるフリーエリアもあり、滋賀県を中心としたご当地グルメが並ぶ飲食エリア、滋賀の観光情報などを紹介、体験できるエリア、子供が楽しめるキッズスペースなどが設けられている。 さらにライブステージ「風神」と滋賀県のPR・ご当地キャラクターが登場するステージ「龍神」という2つのステージもあり、いずれも無料で観覧できる。 このようにフリーで楽しめるエリアが充実しているのも「イナズマ」の特徴で、単なる野外フェスではなく地元のお祭りとして認知されている大きなポイントだ。また、例年開催しているアマチュアミュージシャンのオーディションも、今年からは「イナズマロック フェス」とEpic Records Japanが共同で開催。残念ながらメジャーデビューがかかったグランプリ受賞者は出なかったが、準グランプリを獲得した4組がライブステージ「風神」でライヴを行った。 メインステージ「雷神」の1日目のオープニングアクトは、「イナズマ、盛り上がって行くぞっ!」と登場したももいろクローバーZ。1曲目はサプライズでT.M.Revolutionの『INVOKE』を披露して会場を湧かせたほか、7月30日にリリースされた『MOON PRIDE』のほか『コノウタ』など、全5曲を元気いっぱいに歌い踊った。 橋川渉・草津市長による「イナズマロック フェス2014、スタートです!」という開会宣言に続く今年のトップバッターは、T.M.Revolution。トレードマークの半ズボンに、迷彩柄に蛍光オレンジを効かせた衣装で姿を現した。おなじみのナンバー『HIGH PRESSURE』、『HOT LIMIT』を青空のもとで披露。 そして、T.M.Revolutionが2013年にリリースしたセルフカバーアルバム『UNDER:COVER 2』でコラボしたMay J.が、サプライズでステージに登場。 アルバムに収録されている『last resort』を二人で歌い上げた。西川が「念願の(共演)ライブ」と言うと、May J.も「夢が叶いました」と笑顔を見せた。さらに、この夏リリースのシングル『突キ破レル-Time to SMASH!』、『Phantom Pain』など全7曲を歌い、2014年の「イナズマ」の幕を豪快に開けた。 お笑いコンビ・フルーツポンチのステージに続いては、結成11年を迎えた4人組バンドのシドが、メンバー全員ホワイトを基調とした衣装で登場。ボーカルのマオは「(イナズマに)ずっと出たいと思っていて、やっと出ることができました」と笑顔を見せた。客席がタオルをふりまわして盛り上がった『サマラバ』、今年2月にリリースした『hug』など、シングルナンバーを中心に全6曲、さわやかにプレイした。 藤崎マーケットのコントの次は、今年最もブレイクしたシンガーのひとり、May J.。ピンクのミニドレスで登場、「西川さんは優しくて尊敬する大先輩。イナズマに出演させていただけて本当に嬉しい」と話し、CMソングとしてもおなじみの『Sunshine Baby!』、9月10日にリリースしたばかりの新曲『本当の恋』や、合唱曲として知られる『Believe』など見事に歌い上げた。ラストナンバーは「私の人生をかえてくれた曲」と言う『Let it Go(ENG ver.)』。その歌声に、客席からは惜しみない拍手が贈られた。 インパルスのネタに続いて、真っ白のミニドレスをまとったMINMIが登場。「緊張してる!」と言いながらも、巧みな話術であっという間に観客の心をつかみ、会場は軽快なリズムに揺れた。客席との「FIRE!」コールで盛り上がる『ハイビスカス』のほか、『いていたいよ』『シャナナ☆』など全7曲を披露。「ここでしか会われへん人との出会いを楽しみにしていきたい」というMC通り、ステージと客席が一体となって楽しめるライブとなった。 2010年より連続5回目の登場となるお笑いコンビ・TKOのステージのあとは、デビュー10周年を迎えたばかりの加藤ミリヤ。ブロンドのロングヘアをひとつに結び、ブラックのセクシーな衣装で登場し、ダンサブルなパフォーマンスを披露した。「小学生の時に琵琶湖に来てました。バス釣りに来たこともあります。こんな素敵なロケーションでライブできて嬉しい」と話し、9月3日にリリースしたばかりの新曲『YOU…MILIYAH ONLY VER.』のほか『HEART BEAT』、『Lonely Hearts』などを歌い、最後は『EMOTION』で締めくくった。 お笑いトリオのロバートがネタで会場を盛り上げた後は、1日目のトリをつとめる黒夢が登場。ボーカルの清春にとっては2010年にSADSとして出演して以来、4年ぶり2度目のステージである。大きく猫の顔がプリントされた黒いTシャツ姿の清春が「イナズマ!」と叫ぶたびに、客席からは大きな歓声が上がる。「僕は西川さんとは仲いいけど、西川さんのファンは顔も知りません。でも総合的に分かり合えると思います」「超適当に楽しんで!」と、独特の調子で話す。デビュー曲『FOR DEAR』、『FAKE STAR』、『MARIA』、『BEAMS』など1999年の活動停止以前のナンバーから選曲、会場は大いに湧いた。そしてラストが近づいた時「今日一番の盛り上がりを見せるべく、私の数少ないお友達を…」と紹介され登場したのが、西川貴教。西川は「さっき話してたんだけど、(ベースの)人時に会ったのは、名古屋のミュージックファーム以来なので…20年ぶり!?」と、改めて年月の流れの早さに驚いた様子。「打ち合わせしかしてないので、めちゃくちゃ緊張してるんですけど」と言いながら、清春とともに「少年」を歌った。二人が顔を近づけるたびに客席からは歓声が上がり、会場はセクシーな男たちの狂宴に酔いしれた。 2日目は、まず今年のイナズマロックフェス出演権を賭けたオーディション「イナズマゲート2013」で優勝したHalf time Oldが登場。名古屋を中心に活動する4人組バンドで『Mr.パトリオット』『嵐の中で貴方に向けた歌』、そして「1年前にこのステージに立つことが決まってから、この曲をやるために1年過ごしてきた」という『すべて』の3曲をプレイ、堂々としたステージを見せた。 そしてオープニングアクトは、ヒップホップMCのSHUN。今年7月にリリースしたシングル『Never Change feat.Lyu:Lyu』や、カバー曲『今夜はブギーバック』、『BESTMAN』など4曲を披露。客席は一緒に手を揚げて上下に揺れる。SHUNは、「初めて(ライブを)見る人が多い中で、盛り上がってくれて嬉しい」と笑顔を見せた。 オープニングの挨拶は、三日月大造滋賀県知事。「WE LOVE イナズマ! WE LOVE 琵琶湖! イナズマロック フェス2014、スタート!」と勢いよく宣言した後は、昨年に引き続き2度目の出演となる8人組のアイドル・私立恵比寿中学の登場。「イナズマはエコがテーマということで、エコで気をつけていることを発表しつつ自己紹介します!」と、「エアコンではなく扇風機を使う」「ペンは最後まで使い切る」「スーパーではレジ袋をもらわない」などそれぞれ自分のエコ活動を話し、今年6月にリリースしたシングル『幸せの貼り紙はいつも背中に』や、『仮契約のシンデレラ』など、全部で6曲を元気いっぱいに披露した。 お笑いコンビ・東京ダイナマイトのステージに続いては、Every Little Thingが登場。水色のギターをかまえた伊藤一朗がギターソロをたっぷりと聞かせるインストナンバー「Mighty Boys」で、ライブがスタートした。「今回、ELTはイナズマ初参加。楽しみにしていました。琵琶湖もキレイ!(伊藤)」と、『ファンダメンタル・ラブ』『出逢った頃のように』『ソラアイ』『Time goes by』『Dear My Friend』などヒットナンバーを立て続けに披露、会場には一緒に口ずさむ観客の声も響いた。 2人組の芸人ザ・パンチの後は、5人組バンド・FTISLAND。「僕らは韓国から来たFTISLANDと申します。初めてイナズマロック フェスに参加したんですけど、野外でいいですね。みなさん熱いですね! みなさんと一緒に遊びたいです!」と『TOP SECRET』『Time To』『Shinin’On』などをプレイ。また、『beautiful』『Last Love Song』といったバラードものびのびと歌い上げ、客席を魅了した。ラストナンバーは『FREEDOM』、観客も元気よく飛び跳ね、まさに“一緒に遊べる”ステージだった。 お笑いコンビ・とろサーモンのステージをはさんで、女の子6人によるアイドルユニットでんぱ組.incが登場。「イナズマ初参戦です! 今日はこのステージを見に来てくれてありがとうございます。初めて見る方もいると思いますが、全力でやるんで楽しんでいってね」と挨拶。7月30日にリリースしたニューシングル『ちゅるりちゅるりら』のほか、新体操のようにリボンを使ったダンスでみせる『でんでんぱっしょん』、『イツカ、ハルカカナタ』、『キラキラチューン』、『Future Diver』など、全7曲をほぼノンストップでエネルギッシュに歌い踊った。 漫才コンビの銀シャリの登場に続いては、大阪・難波を中心に活動するNMB48。『ナギイチ』『オーマイガー!』『カモネギックス (3周年/dance mix ver)』など、シングルナンバーを中心に披露。途中で滋賀県出身のメンバー、上西恵、近藤里奈、内木志が紹介され「地元で(ライブを)やるのは全然違う!」と嬉しそうに話すと、客席はさらに盛り上がった。上西、近藤は草津市をPRする「くさつブースターズ」をつとめているとあって「私たちも西川さんも、滋賀県の奇跡! ということで、滋賀県を盛り上げていきたいと思います!」と宣言した。 お笑いコンビ・テンダラーのステージのあとはいよいよ大トリ、T.M.Revolutionがブラックレザーのハードな衣装に身を包んで登場。「今年もこの場所でイナズマができることを本当に嬉しく思うと同時に、誇りに思います」、さらに集まってくれた観客に何度も「感謝している」「ありがとう」と話した。『Count ZERO』『WHITE BREATH』のほか、TVアニメ「ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ」」オープニングテーマとしてオンエア中の新曲『突キ破レル-Time to SMASH!』や9月3日にリリースしたばかり、CMソングとしてもおなじみのシングル『Phantom Pain』、さらに、昨年大ヒットした水樹奈々とのデュエットナンバー『Preserved Roses』、『革命デュアリズム』をプレイ。会場は西川の歌声とパワフルなステージに酔いしれた。アンコールに応えて再び西川が登場すると、「西川! 約束通り来たぞ!」と、スペシャルゲストの松崎しげるもステージへ。 これは西川がホストをつとめるニコニコ生放送の番組「西川貴教のイエノミ!!」に今年7月、松崎がゲスト出演した際に話の流れで急遽決定したもの。二人で『愛のメモリー』を歌い上げた後、色白の西川と色黒の松崎がそろったということでT.M.Revolutionのナンバー『BLACK OR WHITE』もデュエット。西川は「こんな形で歌えるなんて、イナズマがなければ絶対になかったコラボです」と笑顔を見せた。そして最後は、初年度から毎年参加しているHOME MADE 家族のMICROと、初年度に175Rとして出演したSHOGOが加わって、イナズマのテーマソングとも言える『LAKERS』をプレイ。会場が一体となり夜空には花火も上がったところで、夏の終わりの熱い2日間の幕がおりた。 西川は、12月7日から12月28日まで東京・日生劇場で上演されるミュージカル「ヴェローナの二紳士」に出演。来年には福岡、名古屋、大阪での上演も決定している。また、T.M.Revolutionとしても、自身3度目となる47都道府県を巡る全国ツアーを行うことを発表。2016年5月のデビュー20周年へ向けて、その勢いはますます加速しそうだ。 T.M.Revolution楽曲買うならドワンゴで