コブクロ史上、最も「泣けるバラード」誕生
映画「トワイライト ささらさや」主題歌として、コブクロが渾身の力を込めて書き下ろした楽曲『Twilight』。 ファンタジーとミステリーを融合した全く新しい物語として話題となった名作小説「ささら さや」(幻冬舎文庫)の待望の映画化作品で、11月8日(土)に全国公開となる映画『トワイライト ささらさや』。 主人公の女性・サヤを演じるのは新垣結衣。数々の映画やドラマで正統派ヒロインを演じてきた彼女が、本作で母親役に初挑戦!不幸を乗り越え、子育てに奮闘しながら、やがて強い母親に成長する過程を演じ、演技派としての新境地に挑む。そして様々な人に乗り移りながら妻を助ける亡き夫・ユウタロウという難役に挑むのは、唯一無二の存在感を誇る個性派・大泉洋。初共演とは思えないほど息の合った夫婦役を演じる。 この秋最高に泣ける感動作として注目が集まる中、作品の顔ともいえる重要な主題歌を担当したのは、織りなされるその歌詞とメロディで多くの人々を魅了してきたコブクロ。これまでもTVドラマ、CM、映画などで数多くの主題歌を担当してきた彼らが、この度、聴く者の心を掴んで離さない、極上のラブソング『Twilight』を完成させた。 一度聴いたら忘れられない暖かくも切ないメロディラインと、劇中、家族を残してこの世を去るユウタロウ(大泉洋)の目線で書かれた、愛する人に届かない溢れる想いを表現した歌詞に心を奪われ涙すること間違いなし。「早くも「コブクロ史上最高傑作では?」の呼び声が上がる程の珠玉のミディアムバラードに仕上がっている。11月にはこの楽曲を引っ提げた自身のツアー「KOBUKURO Acoustic Twilight Tour 2014」の開催が決定され、全国にTwilight旋風を巻き起こすこと間違いなしだ。 ◆コブクロコメント『Twilight』は、映画「トワイライト ~ささらさや~」の原作を読んで書き下ろした、ラブソングです。大泉洋さん演じる男性の目線からの歌詞で、新垣結衣さん演じる女性への「離れてからの心配事」を綴り、二人の間にある強い絆を、カジュアルかつリアルに描きました。恋愛において、一度好きになった人とは、たとえどんなサヨナラをしても、いつまでも相手の事が心配だったり気になったりするものです。好きなまま離れ離れになった場合はもちろん、嫌いになって別れてしまった場合でも、相手の事を完全に忘れ去る事などきっと無理でしょう。この物語のように、愛し合ったまま一人だけが天国に行ってしまうような場合、残された側の悲しみや不安も計り知れませんが、天国からその人を想いながら抱く心配な気持ちもきっと大きいと思います。傘や洋服など身の回りの物には、一緒に過ごした頃の想い出が沢山浸み込んでいます。そこにはまだ魂が宿っている気がして、捨てるに捨てられないものにこそ残った記憶の中で、一瞬でもいいからもう一度会いたい、守りたいと想う気持ちこそ、愛でしょう。そんな切ない気持ちをこの映画と共に感じてもらえたら嬉しいです。コブクロ