w-inds.全国ツアー日本ファイナル終了、次は台湾・香港
今年の夏、a-nationやMTV ZUSHI FESといったフェスに初参加し、ますますライブに磨きがかかったw-inds.。 7月19日パシフィコ横浜からスタートしたw-inds.LIVE TOUR 2014「Timeless」ですが、全国13カ所を廻り、昨日東京国際フォーラムホールAにてツアー日本公演を無事に終了した。 2年振りのフルアルバム『Timeless』を、引っ提げての本ツアーでは、生音にこだわったグルーヴィーなサウンドが印象的なライブとな り、会場は大型のダンスホールに様変わりし、オーディエンスと一緒に盛り上がったショーとなった。 アルバム『Timeless』のジャケットを模した大型の絵画が飾られたステージ上に、全身白の衣装を纏ったメンバーが突如として現れ、ライ ブスタート。アルバムのコンセプトであるレトロモダンなダンスナンバーの『Do Your Action』『Make you mine』『Good Time』が、披露されw-inds.とダンサーの一糸乱れぬパフォーマンスに、オーディエンスのボルテージも一気にあがり、懐かしいナンバーをレトロモ ダンにアレンジしたバンドサウンドでたたみかけました。中盤では、エリック・ベネイ本人も太鼓判を押したカバー曲『夢で逢えるのに~Sometimes I Cry~』を披露し、慶太のファルセットで会場は拍手であふれた。 本ライブでは、最新シングル『夢で逢えるのに~Sometimes I Cry~』以外はすべてアルバムまたはシングルカップリング曲という、こだわった選曲ながら、時間を感じさせない完璧なショーを披露した。 アルバムリード曲の『Make you mine』に、涼平と龍一のラップがのったスペシャルヴァージョンを今回のツアーで披露いたしましたが『Make you mine~Trident Rap Edition』として本日より配信開始。また、今回のライブの模様を収めたライブDVD/Blu-rayを、12月17日(水)に発売することも 発表された。 そして今後のw-inds.ですが、アジアで絶大な人気を誇るということで、9月13日(土)に台湾で行われる「a-nation taiwan」に出演し、10月4日(土)に今回のツアーのファイナルを香港で行う。 ☆w-inds.過去楽曲!超懐かしいあの曲も