AKBミュージカル「AKB49」公開ゲネプロを開催
9月11日より、渋谷アイアシアタートーキョーで上演されるミュージカル「AKB49~恋愛禁止条例~」の公開ゲネプロが行われた。 本作品は、累計330万部を突破した人気コミックの舞台化。全ナンバーAKB48の楽曲で贈るAKBミュージカルとして上演し、AKB48メンバーたちが自ら歌い演じる。 ・NMB48はどうなる?要注目メンバーは白間、薮下、矢倉・乃木坂46が神宮で魅せた「AKB48公式ライバル」としての力 当日は、主役として男女2役を演じる、宮澤佐江(SNH48/SKE48)、ヒロイン役の小嶋真子(AKB48)、大和田南那(AKB48)(ダブルキャスト)、最大のライバル役を演じる須田亜香里(SKE48)をはじめ、梅田綾乃(AKB48)、大島涼花(AKB48)、岡田奈々(AKB48)、川本紗矢(AKB48)、内山命(SKE48)、谷真理佳(SKE48)、山下ゆかり(SKE48)、坂口理子(HKT48)、飯野雅(AKB48研究生)、谷口めぐ(AKB48研究生)、松村香織(SKE48終身名誉研究生)、森田彩花(NMB48研究生)、山尾梨奈(NMB48研究生)が顔を揃えた。 劇場には大勢の関係者が詰め掛けた。あす初日ということもあり、出演者は本番モード。主役の宮澤佐江は、声を低く意識し、少々乱暴な言葉遣いややんちゃっぽい仕草で、一本気で熱血の浦川実を演じる一方、女装してAKB48研究生になる浦川みのり役をはつらつと演じた。ヒロイン吉永寛子役のダブルキャストは大和田南那が登壇、可憐な物腰ながら、AKB48に入るという一途な目標を掲げる美少女を見事に演じ、さらにライバル役であるスーパー研究生岡部愛役の須田亜香里は、「出る杭は徹底的に潰す」というドSな痛烈なキャラクターで声も潰れんばかりの熱演だった。脇を固めるメンバーもそれぞれの個性的なキャラクターを演じ、時には会場から大きな笑いも起こった。ベテラン俳優、日野陽仁の関わり方にも注目して欲しい。 ストーリーと楽曲が噛み合い、あっという間の時間だったが、最後に出演者を代表して宮澤佐江が「AKBグループそれぞれから集まって、このステージに立たせてもらっていますが、それぞれの期でその時にその人にしか感じられない、初心の熱い気持ちをこのミュージカルを通して感じられたので、それがみなさんひとりひとりに伝わってくれたらと思います。明日の初日頑張ります!」と力強く語った。 AKBミュージカル「AKB49~恋愛禁止条例~」は9月11日から9月16日まで、渋谷・アイアシアタートーキョーで行われる。 【AKBグループその他の記事はクリック】AKB48楽曲ラインナップは【クリック】