SLIPKNOTのリーダー人気モデル「YURA」と異色対談
10月15日に、約6年ぶりとなる待望の最新アルバム『.5:ザ・グレイ・チャプター』をリリースするアイオワが生んだ猟奇趣味的激烈音楽集団、SLIPKNOT。 「KNOTFEST JAPAN 2014」の開催に向けて、このフェスの首謀者でありSLIPKNOTのリーダーであるクラウンが緊急来日を果たし、青文字系雑誌を中心に活躍中のモデル、YURA(ゆら)との対談を行った。 SLIPKNOTは11月15日、16日に自らのバンド名を冠したロックフェス、KNOTFEST JAPAN 2014を日本で初開催する。2012年にアメリカで開催され、5万人を動員した彼らが主催する混沌と絶叫のダークカーニヴァル「KNOTFEST(ノットフェス)」が、ついに日本初上陸するのだ! また、10月15日には6年ぶりとなるNEWアルバムも発売されるとあって、マゴッツ(SLIPKNOT・ファンの通称)達のテンションは高まる一方だ。 ・約68億円稼いだ!カルヴィン・ハリスが新曲解禁・世界中で大ヒット「ポチャかわ歌姫」の激ポジ・アンセム日本上陸 熱心なSLIPKNOT・リスナーであり、昨年はヴォーカルのコリィ・テイラーと対談をしたYURAだが、なんと今年はクラウンとの衝撃の対面! 会う直前までオフィシャル・サイトに先行UPされた新曲『ザ・ネガティヴ・ワン』を聴き込んで来たというYURAはいつになく緊張した面持ちで対談に臨んだ。恐ろしいピエロのマスクを身にまとったクラウンであったが音楽に向かう姿勢はとても誠実で、ひとつひとつの質問をじっくりと考えながら丁寧に彼女からの質問に応えていた。娘と同年代くらいだというYURAに、思わず父としての顔を見せることも。この異色すぎる対談の模様は、『Zipper』11月号(9月22日発売)に掲載予定! 新田桂一氏による猟奇的フォトシューティングにも注目だ。(Photo:KEIICHI NITTA STUDIO)