シド、男限定ライブはダイブの嵐
シドが9/6東京・TSUTAYA O-EASTにて男限定LIVE 2014 男魂-otodama-を開催した。 この日は約4年ぶりの男性限定とあり、開場は見渡す限り男。ライヴはお客さんと作るもの。その事を劇的なまでに再確認できた一夜だった。 開演前4人は、異口同音に語ってくれた。「4年前の男限定の時はすごく“男”を意識した。でも2回目の今回は普通に今のシドを見せたいと思う」 と。実際、当日のセットリストはハードなナンバーに偏ったものとかではなく、非常にバランスのとれた内容になっていた。開演を告げるBGMから始まったオイ・コールに迎えられた登場した彼らも、いつもと同じ平静さを保っているかのように見えた。 が、そこから先が違っていた。曲を重ねるごとにふてぶてしい表情を増した明希はやがて客に向かってダイブし、最後はベースを客席に投げ込んだ。 バンドの生き証人とも言えるサポート・キーボードの小池敦は「今日のように背筋の伸びたゆうやは初めて見た」と証言。背筋の伸びた、どころか彼は 何度も両手を掲げ、「Dear Tokyo」では立って叩いていた。Shinjiはギターと身体が溶け合ったかのように演奏に没入していたし、マオは彼をめがけてダイブしてくる男たちに 満面の笑みでタッチしたりしていた。 シドのコンサートでダイブの嵐。その新鮮さに象徴されるように随所に未体験のリアクションがあり、それがメンバーを熱くさせていたようだ。加えてダイヴが『MUSIC』といったファンキーなナンバーでさえ起こっていた所に、耳慣れた楽曲が持つ新たな一面さえ見えていた。多くの曲で発生し ていた野太い大合唱もニュー・アレンジとして聴こえた。一方で聴く力に満ちていたのも当夜の特徴だった。ゆうやが「こん中でバンドやってる奴いるかー?」と尋ねた時の反応の大きさといったら! となると当然、バンドの演奏にも意識が集中する。 「それをヒシヒシと感じて自分も集中できた」と Shinjiから聞いた。『hug』『影絵』『赤い手』といった中盤の聴かせ所で熱い拍手と歓声が起こっていたのもそういうことだろう。 そして本編ラスト。『プロポーズ』『park』『吉開学17歳(無職)』『眩暈』と続くくだりは1000人の男たちがモッシュして狂乱状態に なった。そこから抜け出してダイヴするのも困難なぐらいに。さらに「ハンパに来んなよ!」「飛ばせ!」「女に負けてんじゃねえのか?」といったマオの叫びが火に油を注いでいく。その熱は最終的に驚くほど速いテンポでアンコールを叫ぶ声に変化し、それは全く途切れることなくメンバーが再登場するまで10分ぐらい続いた。アンコールは4曲。高温多湿なまま場内は盛り上がり切り、全員一丸となってゴールにたどり着いた。 最後にマオが語りかけた。「男が少しづつ増えて来た事はオレらの中ですごく尊い。こんだけの輪になったんだからはぐれんなよ。(男魂は)今日の熱さにVOL.10ぐらいまで確定したから」。 なんとも嬉しそうな歓声が場内に満ちた。一夜限りのものかと思っていた“男魂”と書かれた特大の垂れ幕も今後を示す旗印になりそうだ。思い思い に着飾って楽しむいつものライヴと汗まみれで一体となる今日のようなライヴ。両者がイーヴンのパワーで合体できたら‥。そんな未来を想い描いて会場をあとにした。文・今津甲。 ☆シド聞くならドワンゴジェイピー☆