LiSA初のロックフェス出演
9月6日(土)・7日(日)に愛知県・蒲郡ラグーナビーチにて開催された「TREASURE05X 2014 SECOND SEASON GET STARTED!」に、LiSA名義初となる”ロックフェス”出演を果たした。 「TREASURE05X」は昨年10周年を迎えた、数々の名だたるロックアーティストが出演してきた夏のロックフェス。その中でも最も規模の大きい、メインステージである蒲郡ラグーナビーチ会場・MARS STAGEでの初出演。普段のワンマンライブとは毛色の違う、”ロック”をイメージしたセットリストで本番に挑んだ。 バンドによるBGM演奏からLiSAが登場し「よろしく」と一言MC、遂に記念すべきロックフェス1曲目となる『EGOiSTiC SHOOTER』のイントロへ。1曲目から、初見のオーディエンスまでも腕を振り上げて応援する程の大盛り上がりとなり、MCを挟まずにそのまま2曲目『Rising Hope』を披露。ロックでデジタルなビートがオーディエンスのボルテージを更に上げ、間奏では「トレジャー!!」「まだまだ声出せますか!!」と叫ぶシーンも。 ※LiSAその他の写真はクリック 「こんにちは、LiSAです!トレジャー初めまして!ここにいる全員で最高に楽しみましょう!」というMCから、3曲目『妄想コントローラー』へ。POPな曲ながらもステージを右に左に所狭しと歩き回りながらオーディエンスを煽り、間髪入れずに「トレジャーの皆さん、踊る準備は良いですか!?」と4曲目の『say my nameの片想い』へと続く。そして5曲目、ライブ定番曲であり、サビと同メロのリフが印象的なアッパーチューン『ROCK-mode』では、Tシャツを捲りあげるセクシーなパフォーマンスを魅せるLiSA。 曲間のMCでは、「私はここに昨日、今日出ているバンドさんが大好きで音楽を始めました。だから今、今日この場所に立たせて頂ける事、そのバンドさんたちと一緒にライブをさせて頂ける事が本当に嬉しいです!」と今回の「TREASURE05X」出演に対する想いを告白した。 「ラスト、いけるかトレジャー!」と最後の曲までオーディエンスを挑発、そんなLiSAのテンションに負けまいと、6曲目の『L.Miranic』ではオーディエンスも今までの盛り上がりを更に越える様なクラップ・声援を送り、最初から最後まで一瞬も熱の冷める事のない初ロックフェスステージとなった。 (撮影:古川喜隆) 【クリック】LiSA最新曲チェック