2PM、2AM、GOT7ら競演、JYP NATION in Japan 2年ぶりに開催
2PM、2AMなど、韓国・JYP ENTERTAINMENT所属のアーティストが大集結する「JYP NATION in Japan 2014 -ONE MIC-」が約2年振りに東京・国立代々木第一体育館で開催された。 9月5日(金)から3日間4公演で開催され、J.Y. Park(パク・ジニョン)、2PM、2AM、GOT7、HA:TFELT、Sunmi、Baek A Yeon、15& の所属アーティスト総勢27名が満員の12000人を熱狂の渦に巻き込んだ。 トップバッターは、プロダクションオーナーであり、アーティストのJ.Y. Parkが圧巻のパフォーマンスで登場し「Tokyo! JYP NATIONへようこそ!」と日本語で挨拶、全アーティストがオープニングからステージ上にそれぞれ勢ぞろいする華やかな演出でスタート。 10月22日に日本デビューが発表になった新人ボーイズグループGOT7(ガットセブン)はデビュー曲の『AROUND THE WORLD』を世界初披露。マーシャルアーツ・トリッキングとエネルギッシュなパフォーマンスでJYP NATION初出場にして大きな歓声を受けた。 さらにスペシャルコラボステージでは、2PMのテギョンが手掛けた曲を2AMのスロンと、2PMのジュノのソロ曲『SAY YES』をGOT7のヨンジェと披露し、JYP NATIONでしか観られないパフォーマンスが繰り広げられた。 地鳴りのような歓声を受けて登場した2PMは、今月17日に発売される8th シングル『ミダレテミナ』のメンバーテギョン作の収録曲『Fight』やヒット曲の『I’m your man』『GIVE ME LOVE』等、貫禄たっぷりのステージを披露。Jun. Kが「最後に6人で日本のみなさんにお会いしたのはここ代々木ですね。。僕たちの大切な思い出です。お久しぶりです!」と挨拶をし、ニューシングルのタイトル『ミダレテミナ』のタイトルを観客とコールアンドレスポンスし、会場の歓声の大きさで早くも手ごたえを感じた様子であった。 そして2PMの『Game Over』にGOT7が突如現れ、圧巻の13人のダイナミックなダンスコラボレーションが実現。その他にも2PMと2AMの計10人がコラボレーションした『No Goodbyes』など、各アーティストがそれぞれのステージを繰り広げ、JYP NATION の醍醐味でもある各アーティスト同士のコラボレーションステージも織り交ぜアンコールを含む全43曲、約3時間半にも及ぶ盛りだくさんな内容となった。最後は27人全出演者で手をつなぎ、大きく一礼し「JYP NATION in Japan 2014 -ONEMIC-」は終幕を迎えた。 2PMは9月17日に8枚目のシングル『ミダレテミナ』発売と2015年1月には日本で2度目のファンミーティングの開催が決定している。GOT7は10月22日に日本デビューシングル『AROUND THE WORLD』が発売。さらには10月に初の日本全国ツアーを予定している。 ☆2PMのラインナップはこちら!