乃木坂46が神宮で魅せた「AKB48公式ライバル」としての力
乃木坂46が「乃木坂46真夏の全国ツアー2014 千秋楽」を明治神宮野球場で開催し、3万人のファンを熱狂させた。 今回、乃木坂46が最大規模のコンサートで魅せたのは、ずばり「アイドルらしさ」。 女性アイドルの基本である「可愛い女の子」が歌い踊る。その基本をしっかりと見せてくれたのが、今回の神宮球場でのコンサートだったのではないだろうか?途中で挟まれるMCではホンワカするものから、グダグダなもの、実験的な試みまで「これぞアイドルのコンサート」といえる演出でファンを楽しませた。 ・松井玲奈「きんぎょのその後」乃木坂46兼任を語る・乃木坂46「嘘オーディション」からまさかの映画化!・乃木坂46復活の個人PV撮影秘話を松村、中田が語る! 現在のアイドルグループの中でも圧倒的とも言えるビジュアルの良さに加え、しっかりとパフォーマンスが備わり始めている。AKB48グループとは違い常設劇場を持たない乃木坂46は、なかなかLIVEやコンサートが出来ない。それでも各メンバーがしっかりと個々のパフォーマンスレベルを上げ、今回の大舞台にしっかりと標準を合わせてきた。 また、それぞれの楽曲でセンターを勤める1期メンバーである生駒里奈、白石麻衣、西野七瀬がしっかりと見せ場を作り、緊張感のあるパフォーマンスを魅せた。2期メンバー唯一のセンター経験者である堀未央奈もしっかりと存在感を示し、そして新曲でセンターを勤める生田絵梨花。彼女の透明感、そして凛とした気高い佇まいは乃木坂46の新しい展開をしっかりと期待させるものだった。センターにより印象が変わるのも乃木坂46の魅力だ。 AKB48「公式ライバル」として誕生した乃木坂46。今回、サプライズが橋本奈々未・生田絵梨花の登場という「復帰」に重点が置かれたのも乃木坂46らしさをしっかりと魅せた。様々な仕掛けでアイドル・エンタメの限界に挑戦し続けるAKB48グループに対して、「王道アイドル」としての新たな可能性をしっかりとファンも確認したコンサートだった。 【乃木坂46その他の写真記事はクリック】☆【乃木坂ファンクリック!】ここだけオリジナルボイス!楽曲も!