三木道三 改め DOZAN11、待望のアルバム発売が11月に決定
十数年の時を経て、あの 三木道三 が DOZAN11 と名を改めて遂にカムバックした。 30日(土)MINMI主催大型野外フェス「FREEDOM 2014@淡路島」において、関西レゲエシーンで人気を誇るBESのステージにまさかの飛び入り出演。ほとんどのお客さんが彼の姿を見るのは初めてだろうにも拘らず、会場全体が一気に大歓声に包まれ、その知名度は「さすが!」とあらためて感じさせられた。 2014年に入り、DOZAN11として『Nippon!!』(7月11日)、『Jump Up Japan』(7月16日)と連続配信リリースで十数年ぶりに楽曲を発表したが・・・いよいよ、11月12日にファン待望のアルバムがリリースされる。そして、アルバムに先駆けて収録楽曲となる『かしこみかしこみ』が9月11日(木)配信が決定。愛する「この美しき島々」を想う神々への祈りの歌、日本のポップス界に類を見ない“やまと言葉”と“ドレゲエ”が見事に溶け合った衝撃作と前評判も高い。 <DOZAN11からのコメント>レゲエの発祥地ジャマイカでは、音楽でも日常でも非常に身近で頻繁に彼らの神様のことが語られます。この曲では、日本の神々に向けてここ数年の僕の日本にまつわる想いを訴えています。体と心が動くレゲエのリズムで、こういう世界感の音楽を提供したいという念願がついに叶いました。21世紀に生きる日本の皆さんの出来るだけ多くに聞いていただきたいです。