DIR EN GREY15年ぶり「GAUZEツアー」映像化決定
1stアルバム『GAUZE』でデビューを果たして以来15年の時を経て、現在のDIR EN GREYによる「PSYCHONNECT -mode of “GAUZE”?-」が8月30日(土)新木場STUDIO COASTにてツアーファイナルを迎えた。 1999年に行われた「PSYCHONNECT -mode of “GAUZE”?-」の続編とも言える本ツアーでは1stアルバム『GAUZE』に収録された全曲が披露され、その中でもメジャーデビューシングルでも知られる『ゆらめき』が披露されたのは、15年ぶり。ここで物懐かしさに浸るだけで終わらせないのがDIR EN GREY。本ツアーでは、本邦初公開となった新曲が2曲披露され、新旧織り交ぜられたセットリストで観客を熱狂の渦に巻き込んだ。終演後、ステージに一人残った京(Vo)は「今日はちょっとだけ、楽しかったな。11月に…また」と言葉を残した。11月17日からは神奈川県・CLUB CITTA’を皮切りにした国内ツアー「TOUR14-15 BY THE GRACE OF GOD」も決定している。尚、ツアーファイナルである新木場STUDIO COAST公演を含めた「TOUR14 PSYCHONNECT -mode of “GAUZE”?-」の様子は、公式ファンクラブ「a knot」の限定アイテムとして映像化されることも発表された。 さらに、12月10日に発売されることが告知されていた9thアルバム『ARCHE』(読み方:アルケー)に関する続報も届いた。「未来」と「過去」の狭間にいるDIR EN GREYが渾身の力を込める通算9枚目となるアルバム、その完全受注生産限定盤のDISC 1(本編CD)は、より一層原音に忠実な高品質を実現させるCDとして知られている「Blu-spec CD2」が採用されることが発表され、DIR EN GREYが創り出す音の構成のクオリティを体感できることになるだろう。また、完全受注生産限定盤特典CDにのみに収録される新曲があることも明らかにされ、今後のアルバム動向も気になるところだ。ライブ写真(8/30新木場STUDIO COAST):尾形隆夫 ※DIR EN GREY名曲はドワンゴで!試聴もあり!【DIR EN GREY関連ニュースはクリック】