乃木坂46神宮で1000個のサインボール投げるサプライズ
乃木坂46が「乃木坂46“真夏の全国ツアー2014”」千秋楽を明治神宮野球場で開催した。 主要メンバーであり最新シングル『何度目の青空か?』でセンターを勤める生田絵梨花が「囚われの身」になったまま行われた大イベント。 今回の神宮でもMC中に度々、生田絵梨花の姿がモニターに映し出されていた。その中で、生田を救うために、その場でメンバーが1000個のカラーボールにサインを書き、すべて客席へ投げ入れるという「試練」が与えられた。 場内でかかる乃木坂の曲が終わる制限時間内に終えなければいけないと、メンバーは各場所に散り必死に書き、投げ入れる。 そして終盤、すべて投げ入れられた…と思いきや、キャプテンの桜井玲香がサインを書き終わっていないことが判明。曲も終わってしまった中、メンバーとファンがアカペラで歌い繋げることに…その間、無事に最後の一個にサインを書いた桜井玲香が客席にボールを投げ入れ、なんとか制限時間内(?)に試練を終了させた。 ファンにとっても、1000個ものサインボールが投げ込まれる、嬉しいサプライズだった。 【乃木坂46その他の写真記事はクリック】☆【乃木坂ファンクリック!】ここだけオリジナルボイス!楽曲も!公式Twitter出来ました!アイドル、V系、ニコニコ、J-POPニュース毎日更新!ライブ情報、インタビューは完全オリジナル!→@dwangojpnewsFollow @dwangojpnews!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src="//platform.twitter.com/widgets.js";fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,"script","twitter-wjs");