バイクに乗らない仮面ライダー新シリーズ、主題歌は松岡充
平成ライダーシリーズ16作目となる新シリーズ、その名も「仮面ライダードライブ」。 シリーズ史上初めてバイクに乗らない車に乗る仮面ライダーの登場。また、史上初めて仮面ライダーに変身する主人公が「刑事」として登場と、これまでにない斬新な切り口が早くも話題となっている「仮面ライダードライブ」の制作発表記者会見が都内ホテルで行われた。 仮面ライダードライブと怪人ロイミュードが戦いのパフォーマンスを披露した後、会場ではPR映像を上映。「ドライブ」の世界観がお披露目されると、佐々木基・テレビ朝日プロデューサーが、仮面ライダーに刑事ドラマを加味したことによる魅力を。大森敬仁・東映プロデューサーは、バイクではなく車を乗る新しいライダーのみどころをアピール。まったく新しいライダーワールドの可能性を感じさせた。続いてドライブに変身する泊進ノ介役の竹内涼真、ヒロイン詩島霧子を演じる内田理央らレギュラーキャスト6名が登場。今回の主要キャストに抜てきされた喜びや「仮面ライダードライブ」にかける意気込みなどを語った。 (C)2014 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映 そして主題歌を歌う松岡充がスペシャルゲストとして登場。松岡といえば、「仮面ライダーW」の劇場版「仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ」(2010年)の主題歌も担当、大道克己 / 仮面ライダーエターナル役で同作品には出演もしている。 「仮面ライダーシリーズ」の主題歌を担当するのは通算で3回目になりますが、「史上初の車に乗るライダーのために、日本で活躍しているロックミュージシャンの猛者たちが集結しました。主題歌3度目は僕が調べた限りでは史上初。史上初づくしてバックアップしたいですね」とアピール。 キャストには「長い撮影で辛いこともあるかと思います。そんなときに皆さんを力づけるような歌であれば、と思っています。テレビの皆さんにも力を与えることができたらうれしいですね。ライブでも演奏したいと思いますので、皆さん、ぜひ会場へ聴きに来てください!」と励ましのエールを送ってた。 読んで字のごとく、「車」をモチーフとした仮面ライダーの主題歌を、自らも「車」好きを公言する松岡充が、仮面ライダードライブの為だけに作り上げたユニットMitsuru Matsuoka EARNEST DRIVEで担当。「EARNEST=本気」ミュージシャン達の仮面ライダーに対する本気の想いをぶつけた、まさにドライブ感溢れる最高の楽曲で番組を盛り上げる。主題歌「SURPRISE-DRIVE」は今冬発売予定だ。