アプガ熱かった夏ツアー終了!ファンは「戦友」
アップアップガールズ(仮)(以下:アプガ)が下北沢GARDENにて「アップアップガールズ(仮) 2014 Summer Live Tour Hot! Hot! Hot!〜東京決戦〜」最終日を開催した。 今回の「Summer Live Tour」は、今までのどのツアーよりも過酷なセットリストが組まれたもので、最近、富士山頂でLIVEを行ったアプガをして、「富士山よりきつい」と言わしめたLIVE。山梨県よりスタートしたこの夏ツアーもついにファイナル。この日、下北沢GARDENにはこの過激なLIVEの目撃者になろうと多くのファンが駆けつけた。 LIVEは、初っ端から『イチバンガールズ!』でスタート。ここ最近、激しいLIVEといえばアプガと言われるまでになった彼女たち。常にファンの期待を上回る形でパフォーマンスを魅せてきたアプガだけに期待が高まる。 MCでは、関根梓の音頭でファンとともにメンバーも自声で発声練習を。 続いては、『チェリーとミルク』『Starry Night』『夕立ち!スルー・ザ・レインボー』『ガーリーズハイ』と珍しい楽曲で迫る。特に、『ガーリーズハイ』はメンバーも「超レア」と話すほどに珍しい楽曲。ライブハウスに似合う、ヘッドバンキングが振りに入った激しい楽曲にファンも一緒に踊り狂った。 ここで、このツアーで定番となったファンとともに楽しむ企画へ。ボックスからお題を引きメンバーがお題に沿うというもので、今回はメンバーの森咲樹に「下北沢をテーマに一発ギャグを」というお題。森は「下北にわたしもきた」というダジャレを披露するが、なぜかもう一回言わされるはめに。当然、二回目の「下北にわたしもきた」がウケるはずもなく、すべりキャラの森らしい一幕となった。その後は、なぜか普段行なっている「足立先生」の厳しいトレーニングを舞台で行うことに。アプガらしいドタバタにファンも大喜び。 そして、LIVEは『リスペクトーキョー』『チョッパー☆チョッパー』『UPPER ROCK』『ジャンパー!』『全力!Pump UP!!』『アップアップタイフーン』『アッパーカット!』とド級の激しい曲をノンストップで繰り出す。メンバーもファンも汗だくの中でグイグイと進められたLIVEは『このメロディを君と』で本編は終了。 そして地鳴りのようなアンコールを受け、再度登場したアプガ。佐藤綾乃はファンへ向けて「戦友だと思います」と熱のこもったMCでファンを沸かした。また、テレ朝動画で配信中の「上々少女’s」がDVD化されることも発表されファンは大熱狂。『End Of The Season』『サマービーム!』で終了。そして、まさかのダブルアンコールに『サイリウム』で本当の終了となった。今年の夏も、最高に熱かったアプガ!秋、そして年末へ向けてもまだまだ見逃せないLIVEが目白押しなだけに、アプガを追い続けなければいけない。 【アプガ業界最多の情報量サイトはクリック】・アプガの新曲をクリックで確認