峯岸みなみ小学生に「ぱるるやこじはるいないけど大丈夫?」
羽田空港国際線旅客ターミナル内に新たにオープンする多目的ホール「TIAT SKY HALL」のこけら落とし公演をAKB48が行った。 従来のターミナルを拡張し、施設や店舗が新たにオープン。その記念イベントとして「はねだ江戸まつり」を8月28日(木)4日間実施するが、初日となる28日に「TIAT SKY HALL」のこけら落としとしてAKB48に白羽の矢が立った。 当日は関係者や地元大田区の小学生などが招待され、メンバーから岩立沙穂、柏木由紀、木崎ゆりあ、北原里英、鈴木まりや、高城亜樹、田野優花、土保瑞希、西野未姫、野澤玲奈、平田梨奈、峯岸みなみ、向井地美音、村山彩希、横山由依、渡辺麻友(五十音順)の16名が駆け付けた。 公演の冒頭インタビューコーナーがあり、空港にちなみ”今まで一番好きな海外は?の質問に柏木由紀が「シンガポールがきれいで素敵だった。」と語り、また”一週間休みが取れたら何処へ行く?”には横山由依が「先に家族に行かれてしまったパリ」と応え会場を和ませた。 ライブがスタートすると、いきなりの『フライング・ゲット』で会場はヒートアップ。さらに『ラブラドール・レトリバー』を続けて披露し、観客を魅了した。さらに『恋するフォーチュンクッキー』『ポニーテールとシュシュ』『ヘビーローテーション』とメガヒットナンバーを連発。一般客や空港会社関係者、こどもたちもたまらずサイリウムを振りかざし大歓声を送ったり、一緒に振りを真似たりと大いに沸いた。 峯岸みなみが前列に座った招待の小学生に「きょうは、好きなメンバー来てましたか?ぱるるやこじはるいないけど大丈夫?」と気遣いを見せ、笑いを誘った。 渡辺麻友の「最後の曲です。」のMCに、観客からためらいがちの「え~」が聞こえるや否や、すかさずまた峯岸が「うっすら、”えー”をありがとうございます。せっかくなんでやり直しませんか?」とダメ出し。大盛り上がりとなった。 最後は8月27日リリースされたばかりの『心のプラカード』を披露、会場と一体となった最高のステージは、熱を帯びたまま終演。ライブ後は、小学生の招待客をメンバー全員がハイタッチで見送り、ひとりひとりに笑顔を贈る”神対応”をみせた。 【AKBグループその他の記事はクリック】AKB48楽曲ラインナップは【クリック】