VAMPS野外イベント大盛況、サプライズ”狂宴”も
恒例となったVAMPS、夏の野外イベント「BEAST PARTY」が、新潟県国営越後丘陵公園野外特設ステージで8月23日(土)・24日(日)の 2日間開催。 3年目に突入した今回(第1回目:愛知県 ラグーナビーチ、第2回目:山梨県 山中湖)は、会場を新潟県 長岡に移して開催。8月23日(土)にはOpening ActとしてDAIGOが出演し、24日(日)にはSpecial Guestとしてken(L’Arc〜en〜Ciel)が共演するなど、このときだけしか見られない野外公演ならではの演出で華をそえた。 会場では「ヴァンプロテインバーガー」をはじめとしたこのフェスティバルのオリジナル・フーズ満載の屋台、地元FMラジオ局ブースやカラオケ・ステージなどのほか、東京から現地長岡までのHYDE+K.A.Zの車掌ナレーションが入る「BEAST PARTY」 団体専用臨時新幹線も登場し、交通、宿泊プラン、休憩エリアも含めすべてがVAMPSによる総合エンタテインメントなっているのが、この「BEAST PARTY」だ。 8月20日に発売されたばかりのシングル『GET AWAY / THE JOLLY ROGER』の海賊の世界観を具現化したようなステージ・セットが組まれた会場。開演時間と共に映画「MAD MAX」のような壮大なオーケストレーションが包むとHYDE、K.A.Zが暴走バギー軍団を率いて自身もバギーで颯爽と登場するとそれだけで会場はボルテージが一挙に上がる。新曲『GET AWAY』『THE JOLLY ROGER』はもちろん、昨年のシングル『AHEAD』『REPLAY』そしてVAMPSアンセムのひとつ『DEVIL SIDE』『LOVE ADDICT』などVAMPSの「今」が凝縮されたセットリストが展開された。 途中HYDEのコメント「朝起きて雨降ってるだろなと思ってカーテンあけたらピーカン(快晴)だったぜ。ここ長岡は花火が有名だけど、今日はもっと暑くなるからね。一番熱い夏にしようぜ!」とオーディエンスを煽り、さらに「いま曲作りをしてるんですよ。あと二週間で終わります。盛り上がる曲ばかりです。(今後のセットリストも)ガラリと変わると思うんで、聴き慣れた曲もかみしめてください」など次作の制作状況や今後のライヴについてコメントするなどファンには嬉しい情報も飛び出した。 また夏フェスならではの“夏歌”メドレーともいえる『少年時代』『時間よ止まれ』また、“狂宴”として23日のDAIGOとは『GLAMOROUS SKY』や『ANGEL TRIP』を24日のken(L’Arc〜en〜Ciel)とは『HONEY』や『Shout at the Devil』が披露された。ラストの『SEX BLOOD ROCK N’ ROLL』で幕が閉じると、豪快かつ鮮やかな花火が夜空に打ち上った。その後初公開となる『THE JOLLY ROGER』23日)LIVE Music Video、10月8日発売となる映画「ドラキュラZERO」の日本版イメージ・ソング『VAMPIRE’S LOVE』のMusic Video(24日)が初公開されるなどファンにはたまらない夏のお祭りとなった。 ・VAMPS楽曲ならドワンゴジェイピーで!