梅田彩佳はNMB48で指原莉乃になれるのか?
東京ドームにて「AKB48グループ東京ドームコンサート~するなよ?するなよ?絶対卒業発表するなよ?~」が開催され、初日はAKB48のみで行ったが、2日目は姉妹グループも総出演。 各姉妹グループもしっかりチームカラーを出し、存在感をアピールできたのではないかと思う。その中で注目したのがNMB48。 大組閣があり、NMB48にはAKB48から梅田彩佳が加入。かつてAKB48のチームキャプテンを経験し、メンバーにダンス指導を行っていた年長者である梅田が、NMB48のメンバーとしてステージに登場してパフォーマンスを披露。梅田がフォーメーションに入ったことで、メンバーのダンスパフォーマンスはレベルが劇的に変わり、梅田加入以前と動きだけでなく、ステージ上の表情にも変化があったことが伺えた。 目の当たりにしたのが、グループ別ダンスバトルを行うコーナーがあり、ここでAKB48・SKE48・HKT48とNMB48が、順番にダンスナンバーの曲をパフォーマンスするのだが、NMB48が披露した『カモネギックス』は、これまでに何度もパフォーマンスしている曲で完成度は高いはずだが、ダンスレベルが更にアップしたのがわかる程だ。ステージに梅田がいること以外は今までと変わったところはほとんどない。梅田は自分のペースで普通に歌って踊っているだけだが、そこに梅田がいるだけでステージに良い緊張感が出ていたのだ。 梅田彩佳には、今回の移籍での役割がHKT48における指原莉乃に近いものだと考えられる。特にダンスの得意な梅田には、ダンスの指導やアドバイスが求められるだろう。また、最年長のキャプテン経験者の加入により、NMB48はよりストイックになり、前述したLIVE中での緊張感などにつながる。それが、今のところは非常にいい方向に影響しているように見えた。 【渡辺美優紀が語る20歳の自分「まだまだぜんぜん子供」】 今回の東京ドームでは、梅田にとって最大の見せ場だったのが、コンサート終盤に歌った『青春のラップタイム』。NMB48が初期から歌い続けている初のオリジナル曲で、大事なシーンでは、必ず歌うメンバーにとってもファンにとっても大切な曲である。この曲はNMB48を中心に、今回参加しているAKB48、SKE48、HKT48のメンバー全員が一緒に歌うのだが、センターにはNMB48の顔でもある山本彩、その後ろでパフォーマンスをしている梅田が最高の笑顔で踊っていた。あくまでもNMB48のメンバーとしてのパフォーマンスではあるが、300人を超えるメンバーのダンスを引っ張っていたのは、山本彩とともに、紛れもなく梅田だった。 総選挙では思うような結果が出なかったNMB48だが、梅田の加入によりチームは進化しつつある。 現在NMB48は全国ツアーの真っ最中ではあるが、この東京ドーム公演で、しっかりと爪跡を残したのではないかと思う。9月にはツアーファイナルとなるコンサート、そして10月には4周年記念コンサートなどビックイベントの開催が予定されているので、ここでも経験豊富な梅田彩佳の存在は大きくなるだろう。これまで以上のパフォーマンスが期待できそうだ。(C)AKS 【NMB48その他の写真はクリック】【クリック】NMB聞く