アプガ仙石みなみ「アイスバケツチャレンジ」水着で実行へ
アップアップガールズ(仮)の仙石みなみが、DDT 高木三四郎社長より指名を受け、アイスバケツチャレンジを行った。 この活動は、ALS(筋萎縮性側索硬化症)へのチャリティを目的としたもので、指名(チャレンジ)を受けた人は24時間以内に100ドルを寄付するか、氷の入った水をかぶって、それをシェアするかを選択しなくてはならないもの。 日本でも、著名人を中心に活動が活発化している。今回、指名を受けた仙石みなみは「私達は何度でもガツガツ挑戦するグループなので、そしてALSの支援活動の協力にもなるので全力でやらせていただきます!」と元気にチャレンジ。 まずは自分で氷水をかぶり、その後、メンバーから3発の氷水を受けた。 アイドルにもチャレンジが広がる中で、しっかりと役目を果たした仙石みなみであった。 【アプガ業界最多の情報量サイトはクリック】・アプガの新曲をクリックで確認