HKT48が東京ドームでみせた急速な進化
東京ドームにて「AKB48グループ東京ドームコンサート~するなよ?するなよ?絶対卒業発表するなよ?~」が開催された。 3度目となる東京ドームコンサート。各グループ真価が問われるコンサートとなった。その中でも、一番若いグループとして参加したHKT48。今回のドーム公演、一言で言えば「HKT48が覚醒した」コンサートだった。 圧巻は2日目。先輩グループに紛れながら『桜、みんなで食べた』『メロンジュース』で登場した瞬間、東京ドームがこの日一番かというほどに揺れ大歓声。それぞれのメンバーが持っていた初期衝動的な「初々しさ/荒々しさ」に加え、パフォーマンスが非常に安定してきた。1期生はビジュアルでもパフォーマンスでも一皮むけた印象にあり、兒玉遥、宮脇咲良を中心に元気いっぱいながらもどこか「魅せる」ことをしっかりと意識し観客を魅了。特に『毒蜘蛛』を披露した時の宮脇咲良の大人びた表情にはゾクゾクと刺激されるものがあり、新しいHKT48を演出した。彼女が、今年の総選挙で語った「ライバルはさっしー(指原莉乃)」という言葉も、この東京ドームでの宮脇咲良を見ていると頷ける成長ぶりだった。彼女が今後のHKT48を引っ張っていくのは間違いないだろう。 加えて、「なこみく」こと矢吹奈子と田中美久の成長だ。この大観衆の中で臆することなくしっかりとトークもこなし、何よりも自分たちの役割をしっかりと意識し確実に「なこみく」に求められることを120%魅せる。これは、天性のものなのか、もしくは計算なのか…どっちにせよ、末恐ろしい二人だ。 そして、この成長著しいメンバーをしっかりと「プロデューサー」的役割でまとめる指原莉乃。自身もプレイヤーとして数多くの楽曲に参加しながらも、しっかりとHKT48メンバーをリードしていく。彼女の「知恵」がなければ、ここまで急速にHKT48が成長することはまずなかっただろう。 今回の東京ドームでは、初日以外はグループコンサートということで時間の関係もあり、どのグループも「すべて」を見せられたわけではない。その中でも、HKT48は最も成長した姿を見せられたのではないだろうか? 指原の采配は恐ろしいほどに当たり続けている。このまま躍進を続ければ、HKT48が単独で東京ドームコンサートを行う日も、そう遠くない話かもしれない。(C)AKS 【AKBグループその他の記事はクリック】AKB48楽曲ラインナップは【クリック】