新生ユナイト渋谷公会堂ワンマン大成功!「奇跡の先に」
ユナイトが8月16日渋谷公会堂にてワンマンライヴ「UNiTE. ONEMAN LIVE -U&U’s あの日見た、奇跡の先に-渋谷公会堂」を開催した。 会場となった渋谷公会堂は彼らが結成当初から目標として掲げていた場所であり、事前発表のあった通り、この日より新メンバーの莎奈(Dr)が加入、新生ユナイトとしてのスタートの日というバンドにとってあまりにも重要な一日となった。 会場は彼らの今、そしてこの先を見守ろうと満員のファンで埋め尽くされた。 定刻となり、荘厳なSEと共に登場した5人は全員がしっかりと前を見据え、静かに位置に付く。 この日初めて新体制となった姿を見るにも関わらず、違和感を感じないのは彼らがこの日の為にバンドとしての純度を高めてきたことの賜物だろう。 今日はきっとユナイト史上一番良い日になる、彼らの顔を見て確信した。 「会いたかったぞ渋公!」という結(Vo)の言葉と共に届けられたオープニングナンバーは先日リリースが発表されたばかりの新曲『レヴ』。重厚なバンドサウンドとは裏腹にそこに描かれているのはファンへの確かなメッセージだ。 そのまま『starting over』へと続くがオープニングにこの2曲を選んだことの意味を会場にいるだれもが感じ取ったはずだ。 「終わらない歌を歌う為、この場所で君を待ってる」「信じた道を共に行こう」 ユナイトというバンドは何も変わらない、だから不安にならず、今日という日を楽しんでいこうという彼らの想いは間違いなく届いた。 こうなるとスタート前の固さ、不安、緊張は皆無になり、待ちに待ったユナイト劇場の始まりだ。 次のブロックでは『ディストリー』『Meaning』といった新旧の楽曲を巧みに織り交ぜる。 個性的な楽曲が数々ある彼らの楽曲の中でもプレーンな曲達が投下されたのはさながらウォーミングアップといったところか。 途中ハク(Ba)と莎奈が何度もアイコンタクトを取っていたのが印象的でこの瞬間にも新たなユナイトの形が作り上げられているのだなと感じた。やっと温まったと思った会場に『snow slow』で今度は季節外れの雪が降る。常にファンの予想の上を行くライヴ運びはさすがとしか言いようがないのだが、演奏中のメンバーの切ない表情と降り続く雪は何ともロマンチックで真夏に見る雪も悪くないなと思わずにいられなかった。LiN(Gt)の「僕達が大きく動かないとみんなから見えないように、みんなも大きく動かないと僕達には見えないです!」という広い会場ならではのMCを挟んで、さぁ一瞬の油断も隙も許されない、嵐の時間のスタートだ。『Love_Duck_Core_Nothing』『FCW』『絶望クリエイター』とユナイト随一の激しい楽曲達を次々にお見舞いする。 だが一口に激しいと思うことなかれ。ヘッドバンキング、拳、体全てが動いてしまうその様は見ているだけで冷や汗ものだ。毎回彼らのワンマンのどこかにやってくるこの時間のメンバーとファンの本気のぶつかり合いは回を重ねるごとにパワーアップしている。こんなにハラハラするやり取りは他のアーティストのライヴはおろか、スポーツを見渡してもないのでは?これを読んで気になった方は是非次回のユナイトのライヴに足を運ぶことをお勧めする。 会場全体の熱気が最高潮で迎えた最後のブロックでは『Cocky-discuS』で色とりどりのタオルが会場を舞う。間違いなくユナイトの楽曲で一番夏に映える曲を、全員が汗だくのここで持ってくるのか!といった感じだが、各所に咲いた汗まみれの笑顔は何よりも夏を感じさせ、今日というライヴが如何に素晴らしいものだったかを何よりも物語っていた。『U -s m e h-』で締めくくられた本編だったが、結が常々発言している『smile makes everyone happy』という言葉を正に体現したような会場の景色であった。 そして大歓声のアンコールに応えたメンバーはキーボード、SAXを引き連れ、『約束』などを含む3曲を披露。サポートの音色が加わったそのアンサンブルは曲に更なる深みを注ぎこみ、まるである物語の1ページが目の前で紡ぎだされていくかのよう。またこの3曲は「ホールならではを感じて欲しい」とファンを全員座らせ、パフォーマンスされたのだが、会場全体が曲の音色に身を委ねる姿はバンドのライヴに来ているということを忘れてしまう程ドラマティックなものであった。ここまでの時間で色々な引き出しを見せてくれた彼らが見せるこれまた新たな一面に彼らの多面性をここにきて改めて強く感じさせられた。また演奏後、メンバーがステージを後にし、静寂に包まれたステージを見てふと感じた。目標としてきた場所なのにステージがユナイトを待っている。 それ程までの安心感と全く違和感の無い様は彼らが3年間で多くの経験を培い、この場所に臨んでいるということなのだろう。だからこそこの場所に立つ彼らをもっと見たい!誰もが物足りない想いを頂いていた矢先、渋谷公会堂を悲鳴にも似た歓声が包み込む。スクリーンに映し出されたのは『レヴ』と両A面としてリリースされる新曲『ice』のMV。是非その目で確かめてもらいたいので多くを語るのは避けるが、この曲をこんなにも不気味でゴシックなものと誰が想像していただろうか?そして一言言いたい、あなた達一体幾つの顔を持っているんですか!と。『レヴ』が早々に公開されたにも関わらず、ここまで温められてきた意味と、またしてもユナイトにしてやられた形になったが、正に両A面という言葉にふさわしいこの新曲のリリースがまた楽しみになった。そんな激動の一日もついにラスト1曲を迎える。この日ばかりは誰もがラストは「Eniver」だと分かっていたのではないだろうか。 ライヴタイトルの“あの日見た、奇跡の先に”というのはこの曲の1節だ。それぞれが前身のバンドに3年以内のピリオドが打たれている彼らにとって、目標としてきた渋谷公会堂にたどり着けたことは正に“奇跡”なのだ。では彼らはこの日その先に何を見たのか?それは定かではない。一つ言えるのはユナイトが会場に作った景色は自分達とファンを信じ続けた彼らがまぎれもなく彼ら自身で生み出した奇跡ということだ。“終わらないバンド”というテーマを掲げる彼らにはこの先も幾多の苦悩や困難が降りかかるだろう。しかしきっと彼らは大丈夫だ。結はこの日最後のMCで「“奇跡”は何度も起こせるものではないかもしれないけど、信じていれば絶対に起きると思う。だからこれからも新しい奇跡を作っていきたい」と言った。この言葉こそユナイトの全てではないだろうか。この先も変わらずに歩みを進める彼らとそれを信じ続けるファンがいれば、その苦悩や困難を必ず乗り越え、また1つずつ小さな奇跡を生み出していくだろう。この日ユナイトは奇跡の先に、自分達の確かな未来と信じ続けたものだけに訪れる幸福と感動を見せてくれた。目標としていた場所に立たせてくれたファンへの感謝の言葉を述べ続け、これまでのどのライヴよりも楽しそうにパフォーマンスをしている姿がとても印象的でお互いを信じ続けた結晶が会場中に満ち溢れた素晴らしいライヴだった。リーダーの椎名未緒は最後「俺たちまだ頑張るから、これからも宜しくお願いします!」と力強く宣言。終演後には秋の全国ワンマンツアー、椎名未緒のフィーチャーイベントの開催も発表し、宣言通りこの後も彼らは止まるつもりは毛頭無さそうだ。この先に紡がれる道の先には何が待っているのか?いつまでも彼らとともにそれを見に行きたい、と心から思わせてくれる1日であった。 【Set List】01.レヴ02.starting over03.ディストリー04.ユキノシタ05.AIVIE06.Meaning07.君は知らない08.snow slow09.re:make10.Love_Duck_Core_Nothing11.At traction S12.FCW13.絶望クリエイター14. Cocky-discuS15.small world order16.イオ17. U -s m e h-18.scenes19.約束20.クオリア21.ice22.world wide wish23.Eniver(カメラマン/江隈麗志) 【V系記事一覧はクリック!】・ユナイト楽曲多数!今すぐ聞くクリック!Follow @dwangojpnews!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src="//platform.twitter.com/widgets.js";fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,"script","twitter-wjs");←V系のニュースも満載!絶対フォロー!