LEZARDツアーファイナルでライオスターレコーズ所属を発表
結成2年目を迎え、ブレイクが期待されているポップ&カラフルなヴィジュアル系バンド「LEZARD」(リザード)。 【音楽の絆】をコンセプトに勢力的に活動をしてきた彼らが7月より行ってきた東名阪ワンマンツアー「貴女のバンギャ人生、頂きます。改」は軒並みソールドアウトし、ファイナルとなった8月16日恵比寿LIQUIDROOMでは来年4月に全国ワンマンツアー「貴女のバンギャ人生、頂きます。極」を開催することが発表され、大熱狂の一夜となった。 「貴女のバンギャ人生、頂きます。改」では、会場限定音源を集めた最新アルバム「とかげ図鑑~会場限定音源大全集~」の収録曲を中心に『灼熱プライド』を含む合計16曲を披露。「お前らのバンギャ人生、頂くぜ!最高の1日にしよう!」来夢(Vo)の一声から幕を明けたツアーファイナル。LEZARD LIVEの代名詞となったオフィシャルグッズのキラキラリングが会場を染める中、ステージには観客と一緒にその場を楽しむLEZARDメンバーの姿。ワンマンでは恒例となっているキャラクター全開のMCでは会場内からも笑いが漏れ、始めから終わりまで“前向きな気持ち”全開のステージが繰り広げられた。 本編終了後、場内が突如暗転し、映し出されたアニメーションでは、バンドキャラクター「まじろー」と「チンパン先輩」のコミカルなやり取りで、現在話題沸騰中のDOG inTheパラレルワールドオーケストラ、BugLug、Blu-BiLLioNを輩出しているレーベル「Resistar Records (レジスターレコーズ)」を擁するFWDが今年1月に発足した「Riostar Records (ライオスターレコーズ)」の第2弾アーティストとして今後活動していくことが発表され、それに続いて2015年3月28日(土)福岡DRUM SONを皮切りに、大阪、仙台、名古屋を経て、4月18日(土)にLEZARD初となる東京・赤坂BLITZにてファイナルを迎えるワンマンツアーが告知されると、突然の発表に歓声が場内に響いた。その湧き上がる雰囲気の中再びステージに登場したメンバーは、オーディエンスのアンコールに応え、ツアーファイナルを『絆唄』で締めくくった。 最後、ステージに残ったメンバーは「LEZARDというバンドはこの4人だけで、崩れるまでやっていこうと思ってた。でも、LEZARDと一緒に高みを目指して行こうと言ってくれる人に出逢えてこれからやっていくことになりました。これからもLEZARDは変わらないし、この4人とDAPPY(LEZARDファンの名称)と素晴らしいLEZARDを創っていけたらと思います」と力強く語った。新たなサポート体制を得て、ますます活動のフィールドを拡げていくブレイク必至のLEZARDの今後の活動をお見逃しなく! 公式Twitter出来ました!アイドル、V系、ニコニコ、J-POPニュース毎日更新!ライブ情報、インタビューは完全オリジナル!→@dwangojpnewsFollow @dwangojpnews!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src="//platform.twitter.com/widgets.js";fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,"script","twitter-wjs");