X JAPAN新宿アルタ前で極秘新曲MV撮影に3000人以上集結
2014年8月17日(日)、東京・新宿アルタ前広場(新宿ステーションスクエア)にX JAPANのメンバーが終結。日本では初のストリートライブを敢行した。 今年の6月16日、YOSHIKIのソロツアー「Yoshiki Classical World Tour Part I」(世界10カ国13公演)の東京公演に集結したX JAPANのメンバーは、今秋の10月11日(土)に米ニューヨークのマディソンスクエアガーデンで公演を行うことを発表。 8月1日にチケットが発売されると、1時間弱でアリーナ席が完売!現在スタンド席のチケット争奪戦が繰り広げられている。またX JAPANは、マディソンスクエアガーデン公演の前哨戦として、9月30日(火)、10月1日(水)に23年ぶりの横浜アリーナ公演を開催することも決定。先日YOSHIKI Twitter (@YoshikiOfficial)で公演日程が電撃発表されると、先行発売分のチケットは一瞬で完売した。 マディソンスクエアガーデン公演に向け、精力的に活動をスタートさせたX JAPAN。そんな彼らが、なんと東京・新宿アルタ前でストリートライブを敢行した。このライブは、警備上の問題から事前告知は一切行わないまま進められた。午後5時、メンバー5人を乗せた車が会場裏に到着。やがてステージ後方に覆う赤い布に、黒文字で「X JAPAN」と書れた幕があがると、日曜日の歩行者天国で賑わう新宿駅前が騒然とし始めた。その場に居合わせた人々が、次々ステージ前に集まって来る。 まもなくメンバー5人が姿を見せると、さらに驚喜した大勢の人々が駆け寄って来た。ステージに詰め寄る人、人垣の後方でメンバーの姿をひと目見ようと飛び跳ねる人など、突然の出来事に会場は興奮のるつぼと化した。YOSHIKIのドラム演奏からライブがスタート。 演奏されたのは、6月21日に公開された映画「聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY」の主題歌『HERO』by yoshiki classcalのX JAPAN version。当日の早朝までレコーディングが行なわれていた、この日が初お披露目となるできたての曲だった。今回のストリートライブは、X JAPANとしては初のチャレンジだった。この歴史的瞬間はミュージックビデオ撮影も兼ねられていたため、ヘリコプターによる空撮も行われた。X JAPANのミュージックビデオ撮影は、2007年アクアシティお台場屋上(東京都港区台場)で行われた「I.V.」のMV撮影以降行われておらず、7年ぶりの記念すべき出来事となった。 やがて情報を聞きつけた3000人以上のファンが会場に駆け付け、大観衆のなか終了した。この歴史的なライブは、米ニューヨークのマディソンスクエアガーデンで開催される公演に向けて、精力的に活動するX JAPANの勢いを示すものとなった。 X JAPANその他のニュースは【クリック】☆世界標準YOSHIKIの楽曲はクリック!Follow @dwangojpnews!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src="//platform.twitter.com/widgets.js";fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,"script","twitter-wjs");←ビジュアル系ニュースチェック登録しないと見逃す!