稲川淳二「怪談句会」にバンドSuGも参戦
日本記念日協会が認定している「怪談の日」の8月13日(水)に東京・六本木の「怪談ライブバー スリラーナイト六本木」で行われた稲川淳二が登場するイベント「怪談句会」に、SuGのメンバー、yujiと Chiyuがプライベートで参加した。 このイベントは、今年22年目を迎えた全国ツアー「MYSTERY NIGHT TOUR 2014稲川淳二の怪談ナイト」と、全国のローソンで発売となった「稲川怪談新聞」の発売を記念して行われたもので、稲川が語る怪談をライブで聞いた後、集まった参加者が俳句を作成。その中から、稲川淳二と怪談句会を主催する「おしゃべりHAIKUの会」の主宰・上野貴子が選んだ優秀作品を表彰した。イベントでは、稲川淳二の怪談を聞いた後、参加者たちが詠んだ句は、「人魂も 混じりて遊ぶ ネオン街」や「稲川怪談 日本の夏の 風物詩」など 個性豊かなものばかり。そんな中、yujiも負けずに「盆の入り 水着ギャルより 稲川淳二」という句を披露した。 稲川淳二、上野による選評を経て、選ばれた入選作品は「夏休み 怪談ナイトで 霊を見る」と、「稲川淳二を聞きながら 気配ばかりの 盆の宵」の 2作品。そして、栄えある特選にはyujiの句が選ばれた。yujiは「俳句は元々得意じゃないのですが、稲川さんが好きという気持ちだけで詠んだ。選んでいただけて本当に嬉しいです!」と喜びを爆発させた。 イベント後、SuGの2人は、「『生き人形』の話を生で聴けたことに、すごく感激しました!」(yuji)、「yujiから『“生き人形”は 伝説だ!』と聞かされていたので、今日聞けたときは『これか!』と興奮しました」(Chiyu)とそれぞれ興奮気味に振り返り、yujiは 「家族で見ていてもみんなで楽しめるのが怪談。そんな怪談を作り上げている稲川さんは本当にすごい!」と稲川の魅力を熱弁。さらに、「普段か ら(稲川の)DVDを見たりしているので、無意識のうちに何かしらSuGの音楽活動に影響を与えてくれていると思う」と明かした。 一方、「稲川新聞」でyujiと対談をした稲川は、その時を振り返り「音楽をやる人っていうのは、感性が鋭くて霊的なものを持っているんです よ。時代を追う人じゃなくて、時代を引っ張っていく人は、すばらしいですし大好きです!」とyujiの印象を告白した。 ・SuGラインナップ!クリックで確認公式Twitter出来ました!アイドル、V系、ニコニコ、J-POPニュース毎日更新!ライブ情報、インタビューは完全オリジナル!→@dwangojpnewsFollow @dwangojpnews!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src="//platform.twitter.com/widgets.js";fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,"script","twitter-wjs");