アプガ夏ツアーは富士山山頂より過酷?
8月2日3日のTIFから8月6日7日の富士山 山頂頂上決戦(仮)そして8月9日ROCK IN JAPAN、8月10日Hello!Projectコンサートと、8月に入りスピードを更に加速し走り続けるアップアップガールズ(仮)の夏ツアーが富士山の有る山梨県よりスタートした。 快晴の天気にも恵まれライブは19時にスタートした。佐藤綾乃の「甲府~~~~」のシャウトと共に『イチバンガールズ!』でライブはスタート。そこから『サバイバルガールズ』と激しい2曲で続く。ステージの熱さに負けない会場からの歓声がぶつかり合いLIVEハウス内の温度が「Hot!Hot!Hot!」に! 最初の挨拶で仙石「ツアータイトルを超える「Hot!×6」位に気温を上げていく、大事な戦の初戦よろしくお願いします!」古川「夏の暑さは私達のライブの熱さで打ち消していく!」と宣言!佐藤の煽りでLIVEが再開すると『Next Stage』『バレバレI LOVE YOU』『青春ビルドアップ』『ENJOY!!ENJO(Y)!!』とバラエティ豊かな選曲で会場を盛り上げる。 MCコーナーでは「ドキドキワクワク本日のお題はなんじゃろなBOX」トークと題し、どんなお題が入っているかわからないBOXトークがスタート。最初のお題でいきなり森咲樹に「富士山で一発芸」が出ると順当に滑る森咲樹にメンバー、会場も含め苦笑。気を取り直して次のお題「富士山から降りて一番最初にやりたかった事は?」から富士山トークがスタート。富士山での思い出を絡めながらの会話も内容がほとんど食事の話へ・・・。佐保の名言「(富士山より)ライブハウスの方が酸素薄い。今日のライブのラストスパート付近の方がきっと薄い」や仙石の天然ボケも挟みつつ笑いの絶えないコーナーに。そこからはまたライブコーナーに怒涛の7曲連続から最後は『Party! Party!』で会場がキンブレで一色に。 アンコールでは、佐藤「目標が日本武道館という事で次のシングルはガチで勝負する」新井「10月21日に次回作の発売が決まったが、この作品はアップアップガールズ(仮)にとって勝負作。オリコン10位以内、売上1万枚を目指すので皆様のお力を貸して下さい!」と高らかに宣言!『このメロディを君と』『サマービーム!』で締めくくった。 ツアーは、8/12~宇都宮決戦~ HEAVEN’S ROCK Utsunomiya VJ-2、8/18~厚木決戦~ 厚木Thunder Snake、8/20~柏決戦~ 柏Palooza、8/22~岐阜決戦~ 岐阜club-G、8/28~東京決戦~ 下北沢GARDENへと続いていく。 【アプガ業界最多の情報量サイトはクリック】・アプガの新曲をクリックで確認アプガの情報は業界最速!見逃すな→→@dwangojpnewsFollow @dwangojpnews!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src="//platform.twitter.com/widgets.js";fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,"script","twitter-wjs");