ソニーミュージック主催「LINE オーディション」応募数の日本新記録達成
「LINE(ライン)」を使ってカンタンに応募できるスター発掘オーディションが8月4日0時に締め切られた。 乃木坂46からの応援メッセージも寄せられ、7月15日に発表されたこのオーディション。 20日間の応募期間で集まった応募者は12万5094組。1978年から始まったソニーミュージック主催のオーディションの歴史のなかで過去最も応募数の多かったオーディションは約3万件。それを優に超えた応募件数は、ソニーミュージック史上最多であることはもちろん国内で開催されている幾多のオーディションのなかで日本記録を更新したことは間違いないと言える。 年齢・性別不問であり、また友人や家族による他薦することも可能であった今回のオーディションには0歳~87歳まで幅広い年代からのエントリーがあった。12万件を超える応募者のなかから一次審査を通過したのは1195組。 【二次審査】8月8日・9日・10日実施二次審査はソニーミュージック主催のオーディションでは初の試みとなるLINE「ビデオ通話」機能を使っての動画通話審査。全国各地どこにいてもスマホを持っていれば、その場が審査会場となり、審査員と画面越しに対話が可能。 【三次審査】8月15日~8月24日実施  *スケジュールは変更になる場合がございます二次審査を通過したのちは、直接オーディション審査員が全国各地の審査会場に赴き、直接会う「対面審査」が実施される。その先にはLINEユーザーによる投票大会があり、10月にはグランプリが決定する。 公式Twitter出来ました!アイドル、V系、ニコニコ、J-POPニュース毎日更新!ライブ情報、インタビューは完全オリジナル!→@dwangojpnewsFollow @dwangojpnews!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src="//platform.twitter.com/widgets.js";fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,"script","twitter-wjs");