ゆるめるモ!がアイドル甲子園で異空間を演出
NEU!を意識したグループ名や、ESGのオマージュに挑戦するなど実験的な活動も注目のゆるめるモ!。 彼女たちが【「アイドル甲子園~祝!一周年記念スペシャル~」supported by 生メール】へ出演した。この日はメンバー8人の中からけちょん、ようなぴ、ちー坊、ももぴの4人が登場。オープニングは『私の話、これでおしまい』からスタート。綺麗な4つ打ちのスペイシーな楽曲は聴き応え抜群。グイグイと引き込まれるようなパフォーマンスは「脱力支援アイドル」の異名を持つグループだけに中毒性が抜群!グループ名通りにどこかふわっとした雰囲気ながらも、『場viewer』『なつ おん ぶる ー』でも独特の世界観を展開。 クラブミュージックでも通用するトラックは、LIVEで大音量で聞くことで気持ちよさが倍増。そこに少女たちの一生懸命な歌声が乗ることで不思議な異空間を創りだす。 ゴリゴリにEDMアレンジやロックアレンジで客を煽るアイドルソングが多い中で、どこか可愛らしくも毒のある楽曲群は、LIVEで堪能するとより面白さが伝わってくる。恵比寿リキッドルームで行われるというワンマンライブが、いまから楽しみで仕方ない。 ☆ゆるめるモ!の曲買うならドワンゴで!Follow @dwangojpnews!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src="//platform.twitter.com/widgets.js";fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,"script","twitter-wjs");←ビジュアル系ニュースチェックも登録しないと見逃す!