超大型新人 當山みれいが語る「SWAG」とは?
日本テレビ『Oha!4』『news every.』、読売テレビ『ミヤネ屋』と連日のように特集が組まれ、本日、清水翔太の全国ツアー最終日でもオープニングアクトとして大舞台に立った當山みれい(16歳)。 その実力がお茶の間に浸透しつつある彼女が、6月に行なわれたイベント「AFTER SCHOOL SWAG Vol.1」のライブ映像を公開した。バンドによる生演奏で、パワフルな歌とダンス、未発表曲『Memories』を含む圧巻のパフォーマンス力を収めた伝説の夜の模様は必見だ。”AFTER SCHOOL SWAG”は、実力派学生アーティストが、日本の放課後をアツくする次世代型ムーブメント。音楽業界にとどまらず若い世代の間でなにかと話題のワード”SWAG”について當山みれいはこう語った。 「NYに留学する前までは、イケてる人を真似したり、スキニージーンズを履いてスナップバック(ニューエラのキャップ)をかぶって、ナップサックしょってるのが“SWAG”だって思ってました。でも、アメリカの学校に通い、ハーレムのコミュニティの中で歌とダンスを学んでいく中で、“SWAG”という言葉の本当の意味を知ったんです。“SWAG”は、自分自身のスタイルを見つけて、誰に何と言われても自分を信じて突き進むこと。日本でも同世代で独自のスタイルを追求しているアーティストさんがたくさんいて、そんなみんなで個性をぶつけ合って、認め合って、お互いを高めあえる発表の場が『AFTER SCHOOL SWAG』なんです。自分は人種もジャンルもボーダレスな感覚を吸収してきたつもりなので、日本人としてのアイデンティティを大切にして自分だけのSWAGを追求していきたいです」 そんな當山みれいの“SWAG”を感じられるライブ映像はもちろん、次世代アーティスト達の今後の活躍にますます期待だ。 ※當山みれい超注目楽曲はクリックで聞くFollow @dwangojpnews!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src="//platform.twitter.com/widgets.js";fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,"script","twitter-wjs");←音楽情報満載!絶対フォローを