「卒業宣言」の氷室京介が5万人動員ツアー遂にファイナル
2014年3月15日からスタートしたソロ・デビュー25周年記念ツアー「WOWOW presents KYOSUKE HIMURO 25th Anniversary TOUR GREATEST ANTHOLOGY -NAKED-」。 7月19日、20日横浜スタジアム2Days公演「FINAL DESTINATION」で5万人を動員し遂にファイナルを迎えた。今回のツアーは、昨年8月にリリースしオリコンウィークリーチャートで1位を獲得したベストアルバム「25th Anniversary BEST ALBUM GREATEST ANTHOLOGY」を引っ提げて、3月15日~7月20日まで、全50公演という超ロングツアーを敢行。総動員数は20万人を超える。 横浜スタジアムでは、「ソロ・デビューから25年、音楽活動をスタートして30年以上という長い間、応援してくれているファンのみんなへ感謝を込めて」という事で、氷室発案で横浜スタジアム来場者全員に、メモリアルタンクトップをプレゼントというサプライズも。 7月13日に山口県周南市で行われたライブMCで、「氷室京介を卒業する」と発表し、来年に企画しているライブを以って、今後のライブ活動休止の意向を表明した事もありこの横浜スタジアム公演は更なる注目を集めたファイナル公演となった。 7月20日、開演前から客席では氷室コールが鳴りやまず、開演を今か今かと待つファンで埋め尽くされる中、ライブはスタート。氷室がステージに登場すると会場は割れんばかりの大歓声が沸き上がり、1曲目の『WARRIORS』から会場全体は熱い熱気に包まれ、『PARACHUTE』『WILD AT NIGHT』ではライブ序盤と思えぬ盛り上がりを見せた。そして最新シングル『ONE LIFE』も演奏され、『魂を抱いてくれ』『IF YOU WANT』の様な心に染入るバラード曲では会場内に多くの涙が溢れた。そして代表曲『WILD ROMANCE』で本編が終了。 アンコールでは『NORTH OF EDEN』『THE SUN ALSO RISES』を演奏後、横浜スタジアム付近で落雷があり、ライブは一時中断。約1時間後再開し、雨が降る中、ステージに氷室が登場すると会場からは大歓声が起こる。そして氷室は19日のリハーサル中に雨で濡れたステージで転倒し、肋骨を骨折している事を話し、「何百回も歌ってきたけど、命がけで歌います」と話しデビュー曲『ANGEL』を熱唱しフィナーレを迎えたが、鳴りやまない氷室コールに「今日は本当に申し訳ない。プロとしてこのリベンジを必ずどこかで約束します」と話し、大歓声の中、ステージをあとにした。 【7月20日 セットリスト】1.WARRIORS2.PARACHUTE3.WILD AT NIGHT4.GIRLS BE GLAMOROUS5.CALLING6.眠りこむ前に7.DEAR ALGERNON8.たどりついたらいつも雨ふり9.ONE LIFE10.BANG THE BEAT11.Doppelganger12.NATIVE STRANGER13.魂を抱いてくれ14.IF YOU WANT15.ROCK’N’ROLL SUICIDE16.WEEKEND SHUFFLE17.IN THE NUDE18.LOVE&GAME19.DRIVE20.WILD ROMANCE【ENCORE-1】1.NORTH OF EDEN2.THE SUN ALSO RISES【ENCORE-2】1.ANGEL 公式Twitter出来ました!アイドル、V系、ニコニコ、J-POPニュース毎日更新!ライブ情報、インタビューは完全オリジナル!→@dwangojpnewsFollow @dwangojpnews!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src="//platform.twitter.com/widgets.js";fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,"script","twitter-wjs");