KAMIJOソロでは日本初ワンマンでサプライズ
VersaillesのヴォーカリストKAMIJOがソロとして日本で初のワンマンライブが7月19日(土)東京キネマ倶楽部で行われた。 チケットはソールドアウト!この日を待ちわびたファンであふれた会場は有り余るエネルギーで、爆発的な熱気に包まれていた。オープニングのSEが流れいよいよライブスタート。1曲目はソロ・メジャー第一弾作品『Symphony of The Vampire』から、『第一楽章「Presto」』。その後立て続けに『第二楽章「Sacrifice of Allegro」』『第三楽章「Royal Tercet」』『第四楽章「Dying-Table」』と一気にたたみかけていく。 軽く挨拶を交わしてからお客さんを煽り、アッパーソング『Moulin Rouge』、LAREINE時代の『冬東京』、ソロ・デビュー・シングル『Louis~艶血のラヴィアンローズ~』の通常盤のみに収録されている『幻想トリアノン』を披露し、そのまま『Tresor』『Grazioso』『BASTILLE』、そして最新シングル『闇夜のライオン』へと流れ、MCではお客さんとの掛け合いを存分に楽しんだ。 ここで衣装を黒から真っ白なものに着替え、『Symphony of The Vampire』より『第五楽章「Sonata」』、『第六楽章「満月のアダージョ」』、『第七楽章「Throne」』、最後は『追憶のモナムール』で締めた。 アンコールでは当日7/19が誕生日のKAMIJOへのサプライズで皆からケーキ&パッピーバースデーの大合唱!そしてその記念すべき日に、ソロ・ファースト・フル・アルバム『Heart』のリリースを発表するというファンには嬉しいプレゼント!シングル曲は勿論の事、新曲も激しく狂う曲や真骨頂的な曲を多数収録した、バラエティに富んだアルバムとなりそうだ。また、10/25のHALLOWEEN SPECIAL LIVE でのVersaillesのHIZAKI(現Jupiter)のゲスト参加、MU、Schwarz Steinの出演も発表! そしてアンコール1曲目は最新シングル『闇夜のライオン』収録の『運命』(Versaillesのセルフ・カヴァー)。ラストはソロ・デビュー・シングル『Louis ~艶血のラヴィアンローズ~』を披露し、初の日本でのソロ・ライブは幕を閉じた。KAMIJOとしての現時点の“全て”を惜しげもなく出しきり、とても贅沢な一夜だった。 ・KAMIJO超大作!買うならdwango.jpへ公式Twitter出来ました!V系ニュース満載!見逃さないようにフォローを→@dwangojpnewsFollow @dwangojpnews!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src="//platform.twitter.com/widgets.js";fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,"script","twitter-wjs");