赤西仁、自身のレーベルから第1弾シングル
アルバム『#JUSTJIN』から、約8か月振りとなる音楽作品、ニュー・シングル『Good Time』を、新しく立ち上げた自身のレーベル、Go Good Recoredsより、8月6日(水)にリリースする。 今作も赤西本人が作詞、作曲、プロデュースを手掛けており、夏に聴きたいアップテンポなハッピーチューンに仕上がっている。日本語の歌詞をベースに随所に英語を散りばめた、『HEY WHAT’S UP?』(2013年8月作品)以降定着しつつある赤西流の歌い回しに乗せて、タイトルにもある通り、「楽しい時を過ごそうぜ!」という内容を歌っている。 日本発売作品では初となる海外ロケ、そして空撮にもチャレンジしたMUSIC VIDEOも完成。文字通り、赤西にとっての「楽しい時」をゴールドコーストという青い空と海をバックに描いたMUSIC VIDEOとなっている。 「この曲の歌い始めが、”♪Good MorningですMs太陽 照らすMy Heart 心地いい感じEnergy どこへでも行けそうかもMy Love~“っていう歌詞で始まるんですけど、”心地いい感じで、どこへでも行けそうかも“、に引っ掛けて、オフィスから飛び出して、思いっきりGood Timeを満喫し、ジャケット撮影シーンで終わるというストーリーにしてみました。このビデオの最後に出てくるのが初回盤Aのジャケットなんですけど、これもGood Timeっていうつながりになっています(注:初回盤Aのジャケットは赤西が女性のブラをはずすシーン)。日本のMUSIC VIDEOでは、初の海外ロケだったんですけど、ゴールドコーストも初めてで、いつか行ってみたいなと思っていた場所の一つだったので、すごく楽しかったですし、海と砂浜は本当にきれいで感動しました。限られた時間内での撮影でしたので、天候には悩まされました。2日間のロケのうち、1日は降ったり止んだりの雨模様で、雨待ちがつらかったですが、満足のいく仕上がりにはなったと思います。」と赤西。 今作も企画段階から監督と話し合いを重ね、共同プロデュースで制作されたMUSIC VIDEO。撮影はゴールドコーストで2日間にわたり行われた。 また、自身のレーベルを立ち上げたことに関しては、「ファンの皆様とより近い距離で、なるべくダイレクトに、自分の音楽を始め、伝えたいことを伝えていきたい。そして皆さんと楽しい時をシェアしていきたい。そういう思いもあって、この度、自社レーベルを立ち上げました。まずは、手探り、手作りでのスタートですので、いろいろとご迷惑をお掛けすることも多いかと思いますが、長い目で見守っていただけましたらと願っております。今後ともどうぞよろしくお願い致します。」とコメントしている。 公式Twitter出来ました!アイドル、V系、ニコニコ、J-POPニュース毎日更新!ライブ情報、インタビューは完全オリジナル!→@dwangojpnewsFollow @dwangojpnews!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src="//platform.twitter.com/widgets.js";fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,"script","twitter-wjs");