カオスなフェスで大槻ケンヂ、後藤まりこ熱狂のLIVE!
新感覚音楽バラエティ番組「竹山ロックンロール」がフェスイベント「TAKEROCK FES at AKASAKA BLITZ」を開催した。 このフェスは、お笑いと音楽の融合フェスとなり出演者も変わっていて、大槻ケンヂ20thバンド with NARASAKI、神聖かまってちゃん、アップアップガールズ(仮)、大森靖子、仮面女子、後藤まりこ、ピエール中野(凛として時雨)、藤岡みなみ&ザ・モローンズなどが出演。また、お笑いライブも行われ、アルコ&ピース、弾丸ジャッキー、三四郎、新宿カウボーイ、スパローズ、チャンス大城、永野、日本エレキテル連合が出演。 LIVEオープニングでは藤岡みなみ&ザ・モローンズ、そしてライブ終了後にMCのカンニング竹山、藤岡みなみ、中村愛が登場し、このイベントの趣旨を紹介。そして、お笑い芸人のスパローズが登場。客いじりで場内を盛り上げると、神聖かまってちゃんへバトンタッチ。圧巻のパフォーマンスを披露。「初期衝動」を忘れないノイジーであり、ロックンロールな楽曲を、メンバー・の子は途中、ズボンが脱げギターのチューニングが狂うほどに歌いギターを掻きむしる。『ロックンロールは鳴り止まないっ』では、カンニング竹山をステージにアドリブで呼び込みデジタルドラムを叩かせ5人で演奏。意外なコラボに観客を盛り上げた。そして、「ゴッドタン」などでも人気の出始めている三四郎が登場。軽快な漫才で沸かすと、大ブームを巻き起こしている「日本エレキテル連合」が「ダメよ~ダメダメ」ネタで会場を異次元に引き込む。 大森靖子の登場だ。『ミッドナイト清純異性交遊』では、客席ど真ん中から登場!そして、大森靖子作詞の『(仮)は返すぜ☆be your soul』をアップアップガールズ(仮)とともに振り付け込で一緒にパフォーマンス。その後は、アコギ、そして、アカペラで楽曲を披露。ヒリヒリする「大森靖子節」炸裂のステージを披露し会場の空気を変えた。 直後に、地下アイドル集団である仮面女子と、アップアップガールズ(仮)の「どちらがファンを集めるか?」の直接対決が繰り広げられる。互いに、ゆずれない戦いとなり、入り口調査で勝敗を決する…はずだったが結果はなんと、正確に集計できずに後日、番組で発表するという急展開に!仮面女子、アプガ共に最後は握手で今日の共演をたたえ合った。 そしてアルコ&ピースのエッジの利いた漫才から、ピエール中野(凛として時雨)のDJタイムへ。相変わらずの客とのコール&レスポンスを使ったDJでCHAGE and ASKA『YAH YAH YAH』をスピンするヤバメな選曲をはじめ、B’zネタやPerfumeネタでピエール中野ワールドにグイグイ引き込んでいく。最後は、鉄板のドラゴンボールZ『CHA-LA HEAD-CHA-LA』、松本孝弘のミュージックステーションのテーマ曲『1090〜Thousand Dreams〜』そして最後は嵐の『A・RA・SHI』で会場を最高潮に沸かした。 その後、「みなさんのおかげでした」で話題となった、新宿カウボーイが浅草ネタで盛り上げると、弾丸ジャッキーは肉体芸で、チャンス大城、永野は独特の世界観で笑いを提供した。 そして、大槻ケンヂ20thバンド with NARASAKIの登場。カンニング竹山とのコラボも2曲、『日本印度化計画』、『踊るダメ人間』では、日本エレキテル連合、弾丸ジャッキーともコラボ!さすがオーケン、ガッツリとオーディエンスを掴み、割れんばかりの大歓声となった。 最後には、後藤まりこが登場。狂乱のLIVEは、一曲目から客席へダイブし、ほぼステージに後藤まりこの姿がない状態に。観客たちの頭、手の上で熱唱を続ける彼女は、どこか神々しくも見えるほどに輝き、ファンと一体になってのパフォーマンスはカオスとなり、そしてここでしか味わえない熱狂へと変わっていった。本人も「オーケン(大槻ケンヂ)さんがトリでええのに」と話したが、実は、「この番組の一番初めのゲストがまりこだったでしょ?それで、周りの人がこの番組はすごいって言い出したの。だから、フェスの時はお前がトリッて決まってた!」とカンニング竹山から、なぜ後藤まりこが大トリなのかの裏事情が話される熱すぎる展開に! ☆後藤まりこクリックで更に情報!・超大型新人「當山みれい」がA&R平澤遼子とヒット祈願□「ガッキーに似た美少女」話題の飯豊まりえ☆乃木坂46「16人のプリンシパル trois」千秋楽に松井玲奈急遽参加 今回、まさに多種多様なミュージシャン、そしてお笑い芸人によって開催された「TAKEROCK FES at AKASAKA BLITZ」。カンニング竹山も、「今度はもっと大きな舞台で」と話すように、今日の大成功が次に間違いなく繋がっていくことだろう。