「ガッキーに似た美少女」話題の飯豊まりえ
先日nicolaを卒業し、ティーンに大人気を誇る飯豊まりえが、連続ドラマ「あすなろ三三七拍子」のレギュラーに大抜擢された。 4月に放送された、フジテレビのオムニバスドラマ「世にも奇妙な物語‘14春の特別編」にて、女優の能年玲奈と共演し“ガッキーに似た美少女”とネットで話題になった飯豊まりえ。今年16歳になった飯豊まりえは、スカウトされ芸能界デビュー。実は芸歴が長い。 2008年に、「avex kids×ニコ☆プチ公開モデルオーディション」にて応募総数約800人の中からグランプリを受賞し、雑誌「ニコ☆プチ」でモデルとして活動を開始した。 2011年、姉妹誌にあたる「nicola」に移籍。瞬く間に看板モデルへと成長し、2013年は、ニコラで最多9回の表紙を飾っており、2014年1月号にてニコラでは珍しい単独での表紙を飾った。また、フジテレビ系「めざましテレビ」(月~金曜前5・25)では情報コーナー「イマドキ」のレポーター、「イマドキガール」も担当。モデルとして確固たる地位を確立している。 今年に入ってからは「S-最後の警官-」(2014年1月期、TBS系)にも出演するなど、ドラマ関係者からも注目の存在。小・中学生なら誰でもしっている現在若手女優モデルの最重要注目株=飯豊まりえ、という訳だ。 役柄は主演柳葉敏郎さんの娘、藤巻美紀役。ブログでは、今回のドラマキャスト決定を受けて、「役柄はお父さんに対してクールで、少し反抗期な娘役。個性的なキャラクターが多いドラマなので、ドラマの中で美紀役を活かせるように頑張ります!」とドラマに対する意気込みも相当だ。 【乃木坂ファンクリック!】ここだけ目覚ましアラームボイス&オリジナルボイス・超大型新人「當山みれい」がA&R平澤遼子とヒット祈願□「ガッキーに似た美少女」話題の飯豊まりえ☆乃木坂46「16人のプリンシパル trois」千秋楽に松井玲奈急遽参加