評価はまゆゆ以上?「やっぱり指原がすごい」の声多数
渡辺麻友が悲願の1位を獲得した今回の「「AKB48 37thシングル選抜総選挙」。 その中で、渡辺麻友以上に「やっぱり指原がすごい」という声が関係者やファンから大きい。 総選挙の現場で話してくれた、雑誌編集者によれば、 「今回、渡辺麻友が一位を獲得したが、選抜を見てもAKB48専属で7人と年々姉妹グループの比重が増えている。その中でも、今回HKT48は宮脇咲良も奇跡のランクインをし選抜メンバーが2人となりNMB48を越えた。アンダーガールズにも3人選出されHKT48メンバーの大躍進が目立つ選挙だった。この人気も、当然、各メンバーの努力もありますが、指原莉乃がHKT48へ移籍しプロデューサー的な役割を担うようになってからHKT48の各メンバーが一気に人気が出始めている。特に、指原加入以降は箱推しと言われるHKT48自体が好きというファンも急増。その結果がファンの底上げとなり、今回の選挙での各メンバーの躍進に繋がりました。」 今回の選挙も、やはり指原の凄さを魅せつけられる形になったのかもしれない。(C)AKS 【クリックでゲット!】HKT48楽曲!【今日の注目記事】・AKBはどう変わる?渡辺麻友で「原点回帰」の予感□大島優子卒業公演をニコ生で全編独占生配信☆大島優子の後継者!激化する渡辺、松井、島崎、山本のセンター争い