元モー娘。田中れいな率いるLoVendoЯ全国ツアーでサプライズ
4月から行われているLoVendoЯの全国ツアー「LoVendoЯLIVE TOUR 2014 SprinteЯ ~Bitter&Sweet~」。 ツアーも後半戦に差し掛かり、5月に引き続き再び渋谷GARRETでのライヴが、6月7日に昼公演「BITTER MODE」、夜公演「SWEET MODE」の昼夜二回公演で行われた。昼公演「BITTER MODE」は、4月23日にリリースされたミニ・アルバムのリード曲『不器用』からスタート。じっくりと聴かせるロック・バラードで、会場の温度を整えるように力強くライヴの幕を開ける。そして、メンバーの魚住有希作曲の『Sweet Tweet』、田中れいなと岡田万里奈のツイン・ボーカルが二人で作るハート・マークのポーズも可愛らしい『880円』と、タイトなライヴ展開。 MCを挟んで、『思うがままを信じて』などでポップに盛り上げながら、ヘヴィ・ロック・テイストな新曲『イクジナシ』では、田中/岡田のヴォーカルも熱唱系のアプローチし、魚住の早弾きも併せて、タフなLoVendoЯの姿を見せる。舞台上を暗転させて会場をクール・ダウンさせてから展開した『むせび泣く』ではしっとりと、そして力強い歌声とサウンドを響かせ、LoVendoЯのライヴ前半戦は終了。 そしてステージには、田崎あさひと長谷川萌美によるユニットBitter & Sweetが登場。ギターにはLoVendoЯから宮澤茉凜が参加し、『インストール』『Bitter&Sweet』など、ポップな楽曲でLoVendoЯとは違った空気感で会場を彩っていく。途中のMCでは宮澤のコスプレ願望など謎のアピール(!?)はあったモノの、『Rolling Days』など5曲を披露。 そして、LoVendoЯとBitter & Sweetが合流し、流れるギター・リフは『雨上がりの夜空に』。しかし、ここで舞台上にサングラスに裸にベスト姿の男が乱入。……なのだが、どう見てもアップフロント系列のライヴで見覚えのある男なので誰も驚かず、逆に岡田に「こんな事いつまでも長くは続かない」、田中に「いい加減明日の事考えた方がいい」と歌詞の流れで指を指される始末。そして曲終わりでサングラスを外し、お笑い芸人のさわやか五郎である事をアピールするが、客席からは「誰?」の洗礼を浴びていた。 その流れで、自分のライヴ・スケジュールを告知するが、その中には「7月24日、渋谷WWW LoVendoЯ追加公演」の告知が!その追加公演の決定を発表する為のサプライズ登場だったという訳だ。そして、その日は岡田万里奈の誕生日という事で、岡田も「そんな日にライヴが出来て本当に嬉しい」とコメント。 そして、続く後半戦は『この世に真実の愛が一つだけあるなら』、バンド・アレンジされた『Rockの定義』とアップ・テンポな楽曲で会場のテンションはマックスに。そして、『人生マニアック』では田中/岡田のコンビネーションや、会場の煽りなどで、舞台と客席がどんどんとドライヴ。宮澤のライト・ハンド奏法など、多くの見せ場を作った。そして、会場が一体となったサビの合唱も印象的な『だけどもう一度 それでももう一度』でライヴは一旦幕を閉じた。 そしてアンコールでは、パンキッシュな新曲『Stonez!!!』、そして『BINGO』で大団円を迎えた昼公演。 ・LoVendoЯ【クリック】ですぐ聴ける【今日の注目記事】・AKBはどう変わる?渡辺麻友で「原点回帰」の予感□大島優子卒業公演をニコ生で全編独占生配信☆大島優子の後継者!激化する渡辺、松井、島崎、山本のセンター争い 新曲『Stonez!!!』で、「まだ(慣れてないので)乗り方が難しいけど、みんなで一緒に作っていこう!」と、田中が楽曲をオーディエンスと共に成長させていきたいという気持ちを話したように、新曲のこの後のライブでの発展や、LoVendoЯ自身のこのツアーでの成長が、7月24日の渋谷WWWでのライヴで、どのような形で結実するのか、非常に楽しみにさせられる充実のライヴだった。