入籍妊娠急遽発表!hitomiに学ぶアラフォーの生き方と美
先日、入籍と妊娠を発表したhitomi。 今年デビュー20周年を迎えるhitomi、実は38歳。昔から変わらないスタイルキープ。驚くことに、体重はデビュー時より減っているという。そしてシンガーとしての変わらぬ歌唱力。最近では、各種商品プロデュースやバラエティへの出演。hitomiの活動領域は意外と広く、その活動範囲からは“hitomiの凄さ”を垣間見ることが出来る。 まずはアラフォーには見えないボディスタイル。いつ見てもhitomiはhitomiで、裏切ることのないビジュアルを保っている。その裏には、長年欠かすことのないジムとヨガ、そして和食中心の生活。ライブに向けてのトレーニング。「変わらない為の努力」を、実はコツコツと続けている事が日々のブログからも分かる。20年間、ストイックに自分自身のボディに向き合って続けてきた結果が、今のhitomiを作っている。その傍ら、出産後は、ベビーウエア、ヨガウエア、美脚商品等をプロデュース。とくに美脚商品については、センスあるデザインと高い機能性で、大ヒットとなっている。 独自の世界観を自分のライフスタイルに合った形で世の中へと送り出す、その仕事人・クリエイターとしての姿勢は、メーカーサイドもうならせるほど。更にバラエティへの出演も多く、歯に衣着せぬ発言で飾らない姿は、彼女の楽曲の世界観とあいまって、女性からの支持も高い。現代を生きるアラフォー女性の中には、自分のポジションを確立させるために、男性とも対等に渡り合いながら、がむしゃらに30代を駆け抜けてきた人も多いのではないだろうか。 常にどの仕事にも全力で向き合い、ストイックに自己管理も行ってきたhitomiも、少なからずそういった女性のひとりではあるが、その裏では自分からは見せない、“女子力の高さ”を備えつつ、プライベートも充実させてきた。彼女の活動からは、「家庭での女性」と「働く女性」という二面を上手く捉えてセルフマネジメントしている姿が汲み取れる。今、学ぶべき女性・hitomiではなかろうか。 【人気記事ランキング】☆Berryz工房 清水佐紀が衝撃タイトルの新曲とハロプロ次期リーダーについて語る☆アイドルChu―Zがファンと「握手会についてガチ討論」☆古参ライターが予想!AKB総選挙1位は松井珠理奈、注目は須田亜香里※AKB総選挙大島優子の13万票はどこへ行く?□SuGがLIVEで稲川淳二、アプガと共演へ!